スポンサーリンク

エルビスプレスリーの名曲はバラードとロックンロール、アメリカ音楽界を変えた異端児

トム・ハンクスは現在も映画で引っ張りだこ、しかし若い頃は地獄の日々を過ごしていたどん底からの逆転人生
スポンサーリンク
TOM
TOM

「トム・ハンクス」が出演した映画「エルヴィス」
その主人公の「エルビス・プレスリー」は音楽で世界を変えたと言われていますが、「エルビス・プレスリー」ってどんな人物なの?

 

こんな疑問に答えします。(この記事ではエルヴィスではなく、エルビスで記載しています)

アメリカのミュージシャンであり俳優でもあるエルビス・プレスリー(Elvis Presley)。

1935年生まれで、1956年にリリースした「Heartbreak Hotel」で大ブレイク。
なんと8週連続で全米ビルボードランキングで1位に君臨し続ける人気曲になりました。

そこからは名曲を数々リリースし、全米チャートで1位を獲得した楽曲は18曲。
エルビス・プレスリーの楽曲はチャートに1位だった合計の週はなんと80週も。

もうこれだけの数字をみていただければ当時どれだけ人気だったかが容易に想像つくと思うのですが、エルビス・プレスリーのライブのチケットは発売とほぼ同時に売れていたのだそうです。

 

結論:

当時はロックに対する偏見もあったことから、何度も中傷の対象になった。
ラジオショーのパフォーマンスは、たった一度でクビにされ、「トラックの運転手に戻れ」と言われた。

最も成功したソロアーティストで「キング・オブ・ロックンロール」の称号を持つ歌手。

しかし・・・スター歌手だったのエルビスでしたが、42歳という若さでこの世を去りました。

なんとその原因は便秘・・・信じられません、終わり方があっけなさすぎる。

 

いまだに日本でもCMソングやドラマの楽曲に使用されることのあるエルヴィス・プレスリー。

今回の記事は、そんなエルビス・プレスリーの生い立ちと名曲をまとめましたのでご紹介します!

この記事を書いた人

TOM@考動力の極意

【アラフィフ・バイリンガル】貿易ビジネス×SNSのグローバル発信|英語•中国語可|

海外ビジネス経験20年以上▶︎ 人生逆転決意で大手企業退職 ▶︎ 40代から第二の物語
▶︎ リアルとSNSで世界へ挑戦

2022年1月からブログ本格開始、0→1達成。

●たった一つの考動で人生が好転する☆0から∞を生み人生が好循環に回りだす考動力の秘密を伝授します。
●挫折経験から這い上がり成功した人物、遅咲き成功者などの共通点、行動・習慣を紹介しています。

TOM@考動力の極意

 

スポンサーリンク

エルビス・プレスリーの生涯

エルビスプレスリーは1935年1月8日、ミシシッピ州テュペロで生まれました。

父・ヴァーノン・エルビスプレスリーと母グラディス・ラブ・プレスリーの間の双子として生誕しましたが、もう1人の兄弟は誕生時に亡くなってしまいます。

とても貧乏な幼少期でしたが、両親はエルビスを非常に愛していました。

11歳の誕生日にギターをプレゼントされたことをきっかけに音楽を練習し始めますが、実はこのギターはライフルの代わりの誕生日プレゼントでした。
(ライフルを欲しがったが両親が反対したため。)

高校卒業後はトラック運転手をしていましたが、1954年にエルビスの「My Happiness」という曲を聞いた音楽会社の関係者が彼を売り出すことを決めたのです。

1956年には「Heartbreak Hotel」がシングルチャートでトップを記録します。

1958年からの2年間の軍役を終えた1960年代は映画俳優としての活動を本格化させていきました。約10年間で30本以上の映画を撮影し、映画俳優としてのキャリアは大成功に終わりました。

1967年にはプリシラ・アン・ボーリューと結婚し、リサ・マリー・プレスリー(マイケルジャクソンの元妻)を設けますが、5年後に離婚しました。

晩年はショーやコンサートを精力的に行うようになりましたが、人気絶頂の1977年8月16日に睡眠薬の多用により、42歳の若さで無くなります。

後年、ビートルズ、ボブディラン、フレディ・マーキュリーなどのそうそうたる面子もエルビスの影響を大きく受けたのでした。

 

スポンサーリンク

エルビス・プレスリーは「キング・オブ・ロックンロールと呼ばれた男」

 

エルビス・プレスリーは「キング・オブ・ロックンロール」と呼ばれています。

当時ロックンロールの先駆けとして登場したビル・ヘイリー、チャック・ベリー、ファッツ・ドミノなどらとともにロックンロールの一時代を築き上げたのです。

アメリカやイギリスを中心として、今まで音楽に親しみのなかった多くの若者から支持を集め、エルビスのファッションや髪の毛も若者たちの間で非常に流行し、若者文化として認識されるようになりました。

そして、ちょうど同時期にレコードプレーヤーが一般市民の手に届くような値段になっていたこともあり、音楽商品の販売を活性化させます。

エルビスプレスリーは1950年代から1970年代にかけてCDやレコードを6億枚以上売り上げており、史上最も売れたソロアーティストと言われています。

エルビス・プレスリーが「ビートルズ」を生んだ?

 

エルビスはロックンロールの先駆けとして登場し、のちに出てくる有名アーティストに多大な影響を与えています。

 1956年に発表した「Heartbreak Hotel」はビートルズ、クイーン、ボブ・ディランなどがミュージシャンを目指すきっかけともなった曲なのです。

ビートルズとは1965年に一度だけ会っていますが、内容はあまり芳しいものではありませんでした。エルビスが「ビートルズのレコードは全て買っている。」と言うと、ジョンレノンがジョークのつもりで「僕はエルビスのレコードは一枚も持っていません。」と返しました。

これがエルビスの気に障りました。ジョンレノンは後日謝罪の意を表明しますが、2人の仲は生涯直らないままでした。

スポンサーリンク

エルビス・プレスリーの伝説

ロックの時代を築き上げ、世界中を虜にした伝説のアーティスト”エルビス・プレスリー”。

彼の音楽無くして、今のロックンロールは無いと言われるほど、その影響は世界各国、現代にまで及んでいます。
そんなエルビスが残した、今でも語り継がれる伝説をご紹介いたします。

称賛と非難を浴びた過激なパフォーマンス

ゆず子
ゆず子

あなたはエルヴィスのパフォーマンスを見たことがあるでしょうか?

見ているものをくぎ付けにするその歌唱姿で、特に印象に残るのが身体の動きです。
激しく腰を揺らしながら歌うその姿は、観客を興奮の渦に包み、時に大きな称賛を浴び、また時には卑猥だとして非難も浴びました。

アメリカ・CBSで放送されていたバラエティ番組『エド・サリヴァン・ショー』に出演した際には、そのダンスが過激とみなされ、下半身をカットし放送するという異例の対応がなされたほどでした。

 

 

View this post on Instagram

 

Elvis Presley(@elvis)がシェアした投稿

エルビス・プレスリーの派手な衣装、実は・・・

 

View this post on Instagram

 

Elvis Presley(@elvis)がシェアした投稿

ゆず子
ゆず子

エルヴィスのステージ衣装というとどのような姿が思い浮かびますか?おそらく多くの方が思い浮かべるのが、袖に多数のひらひらとした紐が付いている白のジャンプスーツに、サングラスをかけた姿ではないでしょうか?

 

「そっくりさんコンテスト」でもこの衣装を身にまとった参加者ばかりで、エルヴィスの衣装と言ったらこれの印象が強いのでしょうね。

しかし、エルヴィスがこの袖にひらひらが付いた衣装でステージに立ったのはたった1回だけ。
しかも歌っているときはサングラスを付けていなかったそうです。
たった1回のステージ衣装で多くの人の頭に残っているとは、それほど印象深い姿だったのでしょう。

エルビス・プレスリーは海外公演をしなかった

その人気はアメリカ国内にとどまらず、全世界にまで広まっていたエルビス。
そんなアーティストならば、世界中を飛び回り、多くのファンにその歌唱姿を届けに行っているのでは!と思われがちですが、エルヴィスが国外で公演を行ったのは、カナダ1国のみ。

実は彼のマネージャーを勤めていたトム・パーカーはアメリカへの不法入国者だったのです。
国外に出ることで、マネージャーが再入国が出来なくなることを恐れ、海外公演は実現しませんでしたが、当時パスポートが必要なかったカナダにだけは入国できたとのこと。

絶大な人気を誇っていたエルヴィスが世界各地に渡り、その姿を見せていたら今よりさらに人気に火がついていたことでしょう。

ロックの日「エルビス・プレスリーの日」

日本ではその語呂合わせから6月9日はロックの日として印象深いかもしれません。

しかし世界的には1月8日がロックの日として認知されています。それはエルヴィスとイングランド出身のロックミュージシャン、デヴィッド・ボウイが生まれた日だからです。

ロックミュージックで世界的に名声を得た2人の英雄の誕生日が同じとは、何か運命があるようにも感じますね。

 

エルヴィス・プレスリーのおすすめ曲

 

「ラヴ・ミー・テンダー」や「監獄ロック」、「ハウンド・ドッグ」など、彼がステージの上で魂を削りながら歌い上げた名曲の裏では、エルビスが歩んだ色濃いストーリーがあります。

ここでは、そんな人生の中で生まれたエルヴィスの音楽を、存分に味わえる名曲をご紹介いたします。

No.1 Can’t Help Falling In Love

1961年リリース。
日本語タイトルは「好きにならずにいられない」。

Elvis Presley – Can't Help Falling In Love (Official Audio)

 

No.2 Suspicious Minds

1969年リリース。
日本語タイトルは「サスピシャス・マインド」。

Elvis Presley – Suspicious Minds (Audio)

 

No.3 Love Me Tender

1956年リリース。
日本語タイトルは「ラヴ・ミー・テンダー」。
言わずもがな名曲ですね。
全米チャートで5週連続1位になった楽曲。

Elvis Presley – Love Me Tender (1956)

 

エルヴィス・プレスリーのおすすめアルバムは?

多くのアルバムをリリースしてきており、全部聴くのはあまりにも大変すぎます。

個人的には、ちゃんと過去の名曲をベスト版にまとめてくれているので、SUPER BEST 3枚組 90曲入一択ですね。

もちろん上記でおすすめ曲として紹介してきた楽曲は全て収録されていますし、エルヴィス・プレスリーを好きになった人、もっと聴きたい人は持っておいて損はないアルバムですね。

 

エルビス・プレスリーの映画「エルヴィス」

「キング・オブ・ロックンロール」と称される、エルヴィス・プレスリーの半生を描く伝記ドラマ。

あらすじ

1950年代、エルヴィス・プレスリー(オースティン・バトラー)は歌手としてデビューする。
彼の個性的なパフォーマンスは若者たちに熱狂的な支持を受ける一方で、批判や中傷にもさらされる。やがてエルヴィスは警察の監視下に置かれた会場でライブを行うことになり、マネージャーのトム・パーカー(トム・ハンクス)が彼に忠告を与える・・・・

伝説を誰が殺したのか?映画『エルヴィス』日本版予告 2022年7月1日(金)公開

関連記事:映画「エルヴィス」に出演の「トム・ハンクス」

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

 

 

 

ブログランキング参加しています。応援お願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました

Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedRegExpException: JSMin: Unterminated RegExp at byte 330: /^https?:\/\; in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:266 Stack trace: #0 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action(1) #1 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeSpeedupper.php(38): JSMin::minify('!function(){"us...') #3 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/class-wp-hook.php(308): autoptimizeSpeedupper->js_snippetcacher('!function(){"us...', '') #4 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/plugin.php(205): WP_Hook->apply_filters('!function(){"us...', Array) #5 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeScripts.php(548): apply_filters('autoptimi in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 266