わからない問題を樋口源一郎は「わからないものがどうなるか?」を追求した映画監督

わからない問題を樋口源一郎は「わからないものがどうなるか?」を追求した映画監督遅咲き人生の成功者

高齢者の映画監督はいるのかい? またどのような映画を作っているんだろうね?

 

こういった疑問に答えます。

 

何か90歳を超えても映画を作る方がいる話を近所の友人が話していたね。

 

95歳で記録映画『きのこの世界』を撮影した樋口源一郎監督です。

 

わからない問題を樋口源一郎は「わからないものがどうなるか?」を追求した映画監督

 

「“わかった”ことをわかりやすく説明するということよりもわからないものがどうなるか、という考え方の基本は、日本は案外少ないわけです。

“わからない”問題を追求するって、日本じゃ全然金が出ません。食うや食わずでやらざるを得ないんだけども、見つかった時の面白さってのは、金のことなんか考えられないほど面白い! 新しいものを見つける面白みを伝えたいような気持ちで映画も作ってるもんですから、疲れないでこんな齢までやってるんじゃないかと思ってるわけです。」

20025月、ゆふいん文化・記録映画祭での発言)

 

 

今回の記事は、そんな樋口源一郎さんをまとめました。

 

本記事の要約
  • 樋口源一郎さんの生涯
  • 樋口源一郎さんの映画「きのこの世界」
  • 樋口源一郎さんの”わからない問題”の追求方法

スポンサーリンク

樋口源一郎(ひぐち・げんいちろう)
1906年3月14日 山形県天童市生まれ。

銀行に勤務しながら明治大学夜間部に通い卒業。その後画家を目指し木村荘八のもとでルネッサンスを学ぶ。寺田寅彦の映画論を読んで芸術と科学の問題に興味を持ち、30代で映画界入り。

1942年『空をまもる少年兵』を初監督。以後、最新作の2001年『きのこの世界』まで約60年間、90代後半まで現役の映画作家として活動を続けた。

生物進化に関する未知見を微速度撮影で解明する映像研究で知られ、細胞性粘菌の細胞分化のメカニズムを追求した「映像論文」は世界的な評価を得ている。代表作に『長崎の子』(1949)『声なきたゝかい まつけむしの一生』(1955)『女王蜂の神秘』(1962)『弘法大師 空海』(1988)『真正粘菌の生活史』(1997)ほか。

100歳の誕生日を目前に控えた2006年2月23日逝去。

主な作品
1942空をまもる少年兵
1943鹿児島だより、四国だより
1944勝利の生産
1950長崎の子、小豆島
1951三つの環
1952白旗ぢいさん
1953とどまつ、日本のデンマーク農場
1954電信の発達、みぶよもぎ、M...マシン、いものの町
1955広重・二部作、緑の国土・三部作、声なきたゝかいマツケムシの一生、ゆうびん、電話、銀輪
1956佐久間幹線、お金と私たち、七六〇件の殺人、ウールストーリー、卵と牛乳
1957大井川大井川ホローグラビディダム、日本の家
1958新しい建築軽量鉄鋼の家、奥只見ダム 第一部、進みゆくビタミンB1、たのしい科学(動物の口)
1959伸びゆくスライド・ファスナー、年輪の秘密(七宝をつくる人々)、たのしい科学(砂浜の生物、磯の生物、魚の泳ぎ方、プランクトンの話)
1960カメラとシャッター、伸びゆく鋼管、日本の林業、たのしい科学(植物の生長)
1961明日を考える、板ガラスの施工、ガラスとサッシ、ガラスの壁
1962女王蜂の神秘
1964...マシン、ぼうえき
1965四国自然と伝統、四国開発は進む、明日をきずく、健康の探求
1966雨に考える、明日の中小企業
1967世界を結ぶ線、吉野川四国の動脈、生命の流れ血液を探る
1968奈良・大和
1969浮世絵、微生物と工業
1970微生物の実験基本操作
1971虚血心を探る
1974街道に残る文化財、よみがえる大地東ドイツの農業生産協同組合
1975岩礁に築く発電所伊方原子力発電所建設記録、東ドイツの旅
1977新昆虫記カツオブシムシを中心に
1978新しい太陽伊方原子力発電所、岩礁に築く伊方原子力発電所
1980きのこシイタケ菌を探る
1982細胞性粘菌の生活史単細胞から多細胞へ
1987野中兼山流れる河は生きている
1988弘法大師・空海
1991絵更紗の世界生活の中に美を求めて、細胞性粘菌の行動と分化解明された土壌の生態
1995緑なる大地を創る
1997真正粘菌の生活史進化の謎・変形体を探る
1999菌と植物の共生VA菌根菌を探る
2001きのこの世界

コメント

タイトルとURLをコピーしました

Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedRegExpException: JSMin: Unterminated RegExp at byte 330: /^https?:\/\; in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:266 Stack trace: #0 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action(1) #1 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeSpeedupper.php(38): JSMin::minify('!function(){"us...') #3 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/class-wp-hook.php(307): autoptimizeSpeedupper->js_snippetcacher('!function(){"us...', '') #4 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/plugin.php(191): WP_Hook->apply_filters('!function(){"us...', Array) #5 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeScripts.php(548): apply_filters('autoptimi in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 266