スポンサーリンク

スヌーピーというキャラクターを生んだチャールズ・シュルツは引きこもりの子供だった?

スヌーピーというキャラクターを生んだチャールズ・シュルツは引きこもりの子供だった?教育
スポンサーリンク
TOM
TOM

スヌーピーの生みの親、チャールズ・シュルツ。「自分は、マンガを描くために生まれてきた」というシュルツさんは、どのようにしてスヌーピーとその友だちのキャラクターをうみだしたのでしょうか?

 

ゆず子
ゆず子

チャールズ・シュルツさんの秘密を知りたい!

 

こんな疑問にお答えします。

スヌーピーというキャラクターを生んだチャールズ・シュルツは引きこもりの子供だった?

 

【結論】

子供の頃から恥ずかしがりで一人で時間を過ごすことが多かった。高校のイヤーブックスタッフに描いて提出したマンガは全て却下された。

スヌーピーで知られる代表作「ピーナッツ」の漫画家

 

この記事でわかることは

 

  • 作者チャールズ・シュルツはどんな人物だったかわかります。
  • スヌーピーに登場する人物はみじかな友人だった。

 

スヌーピーって、知らない人はいませんよね。では、その作者チャールズ・シュルツはどんな人だったのでしょう。今回の記事は、スヌーピーの生みの親、チャールズ・シュルツを紹介します。

 

スポンサーリンク

スヌーピーの作者チャールズ・シュルツはどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

O POVO Online(@opovoonline)がシェアした投稿


本名:チャールズ・M・シュルツ(Charles Monroe Schulz、1922年11月26日 – 2000年2月12日)ミネソタ州ミネアポリスに生まれ。

新聞の漫画に夢中になっていた父親の影響もあり、シュルツ少年は漫画家を目指すようになりました。

13歳の頃、飼っていた犬の「Spike」を元に描いた作品が新聞に掲載されます。
貧乏な環境ではありましたが、シュルツは母親の応援をもらい、the Federal School of Applied Cartooning(現Art Instruction Schools)のカートゥーン・コースで学び、自身の画力を磨きました。

シュルツは、意外にもひどく内気で、人に話しかけるのも苦手な青年でした。しかし彼は「まんがを描く」というひとつの夢には、ずっとこだわって売り込みを続けました。そして、ある日その夢がかなって、成功を手に入れます。

不器用で、友だちも少なかったシュルツが、はじめて友だちといえる仲間にめぐりあったのは、勤めていた会社の同僚の“チャーリー・ブラウン”や、”ライナス・マウラー“でした。

そんな彼らたちがモデルとなり、PEANUTS(ピーナッツ)の登場人物が活躍しはじめたのです。

シュルツの夢はただひとつまんがを描くこと

 

1950年にアメリカの7紙で連載が始まった『ピーナッツ』。

現在も、75カ国21の言語、2,200紙で掲載されているほどの人気作です。

作中に登場するスヌーピーは、世界中に多くのファンを持つ有名すぎるキャラクターとなりました。

大きな画用紙に最小限の線でシュルツが描いたのは、犬と小鳥と子どもたちの間で繰り広げられるできごと。身の回りの事象から話を練り、文字と絵柄を描きました。

報われない恋に、負けてばかりの野球チーム。ありふれた生活を時にシニカルに機知に富んだ想像力で映し出しました。

50年間ほぼ休まず紡いだ物語は1万7897にのぼります。
アシスタントはなし。すべてひとりで描きました。

 

「それが自分の仕事だ、と誰にも手伝わせなかった。シンプルであることを大事にしていた」

と妻のジーンさん(81)が語っています。

しかしながら、シュルツの人生は、けして順調なものではなかったのです。愛する母の死、軍隊への入隊。

軍隊で過ごした3年間でシュルツは、いやというほど孤独を味わったのです。彼が経験した過酷な体験は、「Peanuts」の登場人物の性格や作風へと受け継が流ようになりました。

 

「誰もが経験する寂しさへの私の思いは、チャーリー・ブラウンの上に重くのしかかっています」とし、「軍隊にいた時の経験から、不安で居心地の悪い思いがどのようなことかよく分かる」

と述べています。

そして、「この世の心配の種のすべてについて心配する心配性なので、チャーリー・ブラウンも心配性になってしまいました」と、チャーリー・ブラウンがシュルツ自身であるかのように語っているのです。

そこで、その心配性の対処法として登場するのがスヌーピー!

例えば、学校をやめて残りの生涯を、スヌーピーを幸せにすることにささげると言い出したチャーリー・ブラウンだが、結局無理だと分かったときのセリフ・・・

「残りの生涯を、君を幸せにすることにささげられると、ほんとうに思っていたんだよ・・・うまくいかなくて残念だ」

に対してスヌーピーは、

「気にしなくていいよ。その前からずっと幸せだったんだから」

 

とつぶやくのです。

シュルツは、夢である”まんがを描く”ことを続け、2000年に77歳で亡くなるまで、スヌーピーとチャーリー・ブラウンと仲間たちの物語を描き続けました。

 

そんなスヌーピーの生みの親、チャールズ・シュルツにスポットを当てたノンフィクションストーリー『スヌーピーと、いつもいっしょに PEANUTSを生んだチャールズ・シュルツ物語』が、2015年12月17日(木)に発売さています。

 

 

 

スポンサーリンク

スヌーピーミュージアムへ行こう!

2019年12月、東京都町田市に移転開館したスヌーピーミュージアムには原画が並んでいます。

下書きはうすく、黒いインクは濃淡様々。ペン運びは自在だ。作品を所蔵する米チャールズ・M・シュルツ美術館のカレン・ジョンソン館長(73)は「作品を読めば僕がわかると言っていた。決して面白いわけではないけれど、スマートでラブリー。そして我慢強い人だった」と言います。

チャールズ・シュルツ生誕100周年記念!
スヌーピーミュージアム初!
ウッドストックがテーマの新企画展「ちいさなベストフレンド ウッドストック」
2022
716()202319()開催

会期 :2022年7月16日(土)~2023年1月9日(月)
時間 :10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館日:8月16日、1月1日

住所
東京都町田市鶴間3-1-4
電話番号
042-812-2723
営業時間
10:00-18:00(入場は17:30まで)
年中無休(2022年8月16日、2023年1月1日は休館)

※ミュージアム専用の駐車場はありません。
※グランベリーパークの駐車場サービスは対象外です。

グランベリーパーク駐車場 · 〒194-0004 東京都町田市鶴間3丁目
★★★★☆ · 屋内駐車場

 

子供に夢を!

株式会社ドリームブロッサムが提供しています。

 ⭐️細かなカテゴリー分けで、年齢だけでなく、身に付けたい力、教育法など、他社と差別化したメニューが特徴
⭐️キャンペーンを開催し、コンバージョン向上のための施策を積極的です。
⭐️全国の量販店やおもちゃ屋さんに陳列する商品もあり、すでに認知度がある商品も多いです。

「選び方」が豊富なため、年齢ではなく習熟度や好みの傾向で知育玩具を選べます。
年齢に応じた知育玩具分かるため、プレゼント選びで1から調べなくていいんです。

 



関連記事

 

 

 

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました!

応援お願い致します。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
心理学ランキング
経営学ランキング

コメント

  1. ポロ より:

    おはようございます。子どもの時に買ったスヌーピーのマグカップを今でも使用しています。もう40年以上です。スヌーピー大好き❤

  2. こんにちは!コメントありがとうございます。 内容が満足できなければ言ってください。修正したり付け加えます!

タイトルとURLをコピーしました

Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedRegExpException: JSMin: Unterminated RegExp at byte 330: /^https?:\/\; in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:266 Stack trace: #0 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action(1) #1 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeSpeedupper.php(38): JSMin::minify('!function(){"us...') #3 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/class-wp-hook.php(307): autoptimizeSpeedupper->js_snippetcacher('!function(){"us...', '') #4 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/plugin.php(191): WP_Hook->apply_filters('!function(){"us...', Array) #5 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeScripts.php(548): apply_filters('autoptimi in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 266