佐藤二朗の若い頃が暗黒!アドリブや学歴と経歴が面白すぎる!

佐藤二朗の演技はアドリブが基本?『佐藤二朗』の人生の転機とは?どん底からの逆転人生
TOM
TOM

個性派俳優で、ドラマ映画に引っ張りだこの「佐藤二朗さん」。

作品に出演するたびにアドリブ的な演技がすごいと話題になっています!面白すぎて大好きという方も多数!

 

ゆず子
ゆず子

佐藤二朗さんは、若い頃は暗黒時代と発言しているけど、どうやってブレイクしたの? あの演技は本当にアドリブなの?

 

こういった疑問に答えます。

佐藤二朗の若い頃が暗黒!アドリブや学歴と経歴が面白すぎる!それってアドリブも演技?

セリフ3行のドラマ1シーンがきっかけで運命を変えた!?

セリフ3行ほどのドラマの1シーンに出演したことがきっかけで俳優として新たなステージに立つことになったという佐藤次朗さん。何度見ても癖になるあの演技がやばいんですよね〜w

個性派俳優と言われる佐藤二朗さんは、映画やドラマで視聴者をクスっと笑わせる演技をしたり、時には物語の重要人物として出演しており、年齢・性別問わず人気があります。

今でこそオファーが途切れない佐藤二朗さんですが、若い頃には上手くいかないことも多かったそうです。

ということで! 今回の記事は佐藤二朗さんの経歴や若い頃の暗黒時代について紹介します。そして佐藤二朗がどうやってブレイクし、アドリブ的な演技に人気があるのかをまとめてみました。

じつは、佐藤二朗の演技はアドリブじゃなくて仕込みだった…?!

 

 

 

本記事の要約
  • 佐藤二朗の生い立ち
  • 佐藤二朗 劇団での苦労から飛躍
  • 佐藤二朗 1シーン 3行セリフ
  • 佐藤二朗は演技がアドリブか?
 この記事を書いた人

    

トム@世界に羽ばたく風雲児

【アラフィフ・バイリンガル】



貿易ビジネス×SNSのグローバル発信|英語•中国語可
|


海外ビジネス経験20年以上

▶︎ 人生逆転決意で大手企業退職 
▶︎ 40代から第二の物語
 

▶︎ リアルとSNSで世界へ挑戦。
ブログを2022年から開始し、0→1を達成。





Twitter:Youxitom

 

スポンサーリンク

佐藤二朗の若い頃は暗黒時代!これもアドリブ?

佐藤二朗さんの生い立ちからご紹介します。

佐藤二朗は1969年5月7日生まれ、2022年5月現在52歳。もともと役者志望でしたが、大学卒業後自信がなく大学卒業後はリクルートに就職。

しかし、出社1日目「「いよいよ俺は俳優を諦めるのか?」と自問しているうちに入社式の会場から退場・退職し帰郷します。役者の道を歩むために養成所に入りますが、やっぱり役者としての適性がないと再就職。トップの営業マンに上り詰めるも、やっぱり役者がしたいと役者の道を再度選択しました。

佐藤二朗さんはインタビューで「20代は心がボロボロでつらかった。暗黒時代ですね」と語っていましたが、そんなつらい経験があったからこそ、今の「個性派俳優・佐藤二朗」が生まれたのかもしれませんね。

 

佐藤二朗の劇団での苦労(アドリブなし)

俳優であり映画監督、脚本家、バラエティ番組MCとして多彩に活躍していますがだ、現在の地位に到るまで決して順風満帆ではありませんでした。

オーディションに落ち続け劇団員にすらなれない日々を何年も過ごし、27歳で自ら劇団「ちからわざ」を立ち上げました。

初舞台にもかかわらず脚本・演出・出演をこなし、「あとにも先にもあんなに緊張したことはなかった」と当時を語っています。

劇団「自転車キンクリート」の演出家・鈴木裕美氏からも「もしかしたら佐藤二朗は、これからも脚本を書いていい人間かもよ」と言葉をかけられました。その言葉一つ一つが力になります。

スポンサーリンク

佐藤二朗 1シーン、セリフ3行(アドリブ演技への道)

映像作品への進出にも大きな転機の到来。「『自転車キンクリート』の公演に出演、それを映画監督の堤幸彦氏が観覧。堤監督がその当時撮影していた単発ドラマ「ブラック・ジャック2」(2000年)に抜てきされ、「医者A」役で出演することになりました。当時31歳。

1シーン、セリフ3ほどの小さな役。

佐藤二朗が演じた「医者A」が、主演を務めていた元シブガキ隊の本木雅弘とその所属事務所の当時の社長の目に留まりました。「誰だこれは、うちの事務所の引き抜けってなって」。

その一言がきっかけで移籍しました。それ以来、仕事がどっと増えて、現在の個性派俳優としての座を獲得しました。。活躍の場をドラマや映画へと広げていきます。

佐藤二朗は、

「まったく無名の俳優を『うちに引き抜け』と言い出した先代の社長には、今さらながら感謝しています」

と語っています。

佐藤二朗のアドリブは面白い

独特の演技が印象的な佐藤二朗、どこが台本どおりで、どこがアドリブなのか?さっぱりわかりませんね!  とにかく、アドリブがすごい佐藤二朗。

どこがアドリブなのか? 福田雄一監督の作品に関してのみ、台本を基本にするがほぼ全部アドリブ!

佐藤二朗は同じ演技はできない俳優なので、セルフが失敗しようが、噛んでようが、相手の役者さんが笑ってしまっても構わないと言います。

また別の作品に関しては、アドリブは練って作り上げられた仕込みだったのです。

「台本なんて一切読まず、本番に臨んでいるんだろう!」って勝手に思っていましたが、本当は本番前に練っていたんですよ。その役者魂もすごい!

まぁ台本になるものを混ぜて演技しているのですから、アドリブってことになりますよね〜

 

 

まとめ

佐藤二朗は、「演技をして生活できることが今も、何より嬉しい」と語り、「妻にも『もし食えなくなったらバイトしてなんとか君らを食わせながら、また小さい小屋で自分で書いて芝居するよ』って言ってるんです」と笑顔で語ったそうです。

佐藤二朗はこれからもいろんなジャンルの作品に出演し、笑いや涙を届けてくれると思います!

今後も佐藤二朗の活躍に注目してくださいね!

少しでも参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

応援お願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

コメント

  1. こて より:

    ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました

Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedRegExpException: JSMin: Unterminated RegExp at byte 330: /^https?:\/\; in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:266 Stack trace: #0 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action(1) #1 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeSpeedupper.php(38): JSMin::minify('!function(){"us...') #3 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/class-wp-hook.php(307): autoptimizeSpeedupper->js_snippetcacher('!function(){"us...', '') #4 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/plugin.php(191): WP_Hook->apply_filters('!function(){"us...', Array) #5 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeScripts.php(548): apply_filters('autoptimi in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 266