泥棒は空き巣をする前に下見をするの?対策への効果的なやり方は?

泥棒は空き巣をする前に下見をするの?対策への効果的なやり方は?生活
TOM
TOM

泥棒は下見をする?空き巣のやり方を知れば効果的に対策できるの? · 窓からの侵入が多い?空き巣のやり方 · 空き巣が下見で確認することとは? 

 

こういった疑問に答えます。

 

泥棒は空き巣をする前に下見をするの?対策への効果的なやり方は?

 

泥棒さんの空き巣は下見をしてから実行する!?

泥棒の空き巣さんは、あらかじめどの家に潜入するか、下見をして狙いをつけておく場合が多いといわれています。つまり、下見のときに「この家は難しそうだ」を思わせることができれば、それだけ被害に遭遇する可能性を下げられます。

今回の記事では、泥棒の空き巣さんがどのように下見をしているのか、留守の家をどのように見極めているのか、空き巣に入られないために心掛けたいポイントをお話しし、泥棒・空き巣の対策を紹介します。

本記事の要約

・泥棒・空き巣は下見する

・泥棒・空き巣への対策

 

スポンサーリンク

泥棒・空き巣は下見する

泥棒・空き巣が忍び込む

空き巣の多くは、行き当たりばったりに、忍び込む家を決めているわけではありません。空き巣に入っているところを見つかれば、通報されたり、逮捕されたりするリスクがあるので、絶対に見つからない、リスクの低い家を選ぼうとするものです。

ここでは、空き巣が下見でどんなところをチェックしているのかをお話します。

ターゲットの家とその周辺を下見する

周辺の人目・人通りが少ない環境

空き巣は、家だけではなく、町・村単位で実行の容易さをチェックします。隙だらけの家があっても、人目が多く、周囲の家や道路に防犯カメラが多く設置されているような環境では、姿を撮られるリスクが高くなるので警戒がうすくて、犯行がしやすそうなエリアを探すのです。

空き巣にとって最高の環境とは、忍び込みやすく、逃げやすく、人目につきづらいエリアです。具体的には、下記のようなポイントをチェックする空き巣が多いようです。
人通りが少なく、立ち話をしている人たちが少ない
大通りや駅に近い
町全体が廃れた環境
留守宅が多い地域

人通りが多く、周辺の人たち同士のつながりが強い地域では、見知らぬ人が歩いているだけで目立つ可能性が高まります。このような地域で、空き巣に入るのは困難です。

一方、大通りや駅に近ければ、それだけ人ごみに紛れて逃げやすいというメリットがあります。

ターゲットの家の下見

忍び込みやすそうな町を見つけた空き巣は、次にどの家に忍び込むかを検討します

「うちは金持ちでもないし、たいして金銭的なものもないから空き巣も狙わないだろう」と考える人と思いがちですが、これは誤りです。

空き巣は、お金や高価な品物がありそうな家よりも、侵入しやすく、逃げやすい家を重点的に探します。防犯対策が万全の家に入るよりも、忍び込みやすい普通の家庭で複数回侵入した方が、空き巣にとってリスクが低いのです。

空き巣がターゲットにする家は、下記のような条件です。

  • 留守が多い
  • 簡単な鍵しかついていない
  • 2階に侵入するのに都合のいい足場がある(物置、雨どいなど)
  • 植栽や壁などがあって人目につきにくい
  • 犬がいない

 

忍び込みやすく、逃げやすく、人目につきにくい家はターゲットになりやすくなります。また、犬に吠えられると周囲からの注目を集める可能性があるため、犬がいる家を嫌う空き巣もいます。

空き巣の下見の確認方法とは?

空き巣の多くは、住人の外出中に家に忍び込みます。そのため、住人が在宅しているかどうかが、空き巣にとって重要なポイントとなります。

空き巣は事前に、住人の行動を念入りに把握します。家が留守になりやすい時間帯を把握。

留守の確認方法は単純で多くの空き巣が「インターホンで呼ぶ」「郵便物」などの方法を取ります。インターホンを鳴らせば、在宅の場合、多くの人が応答するでしょう。その場合は、セールスや近所の工事の挨拶を演じながら去っていきます。応答がなければ留守の可能性が高いので、空き巣に入るというわけです。

ターゲットが決まれば玄関にマークをつける

以上のような事前での下見で決めたターゲットの家に対しマーキングします。玄関などにつけてあるその家の特徴を記したマークのことです。

このマーキングは主に玄関の表札、ポスト、ガスメーターなどに目立たないようにつけられています。

マークはいろいろありますが、住民の性別や何人で住んでいるか、どの時間帯に留守になりやすいかといった特徴を示しています。数字やアルファベットを使って表していることが多いので、家の外に何か記号が書いてあるものを見つけたら注意しましょう。

 

スポンサーリンク

空き巣への対策

同房・空き巣対策

防犯とは、文字の通り「犯罪を防ぐ」という意味です。防犯とは、泥棒・空き巣が実行できないようにすること、つまり敷地内に侵入させない事です。敷地に入れなければ、当然何も出来ないので、被害に合う事がありません。泥棒を敷地に入れない為には、以下のようなポイントに注意しましょう。

敷地の外回り

門扉が駐車スペースの奥にあったり、玄関先だけのインターホンでは、泥棒の侵入を簡単に許してしまいます。インターホンはカメラ付きにしたり、防犯カメラの設置など、パッと見ただけで防犯意識がある事を知らせましょう。

建物までの距離

あまり高い塀や垣根は、一度敷地内へ侵入を許してしまった泥棒にとっては最高の環境となります。外からはまったく見えない塀という事は、泥棒も外から見られる心配が無いという事です。敷地内に侵入されてしまった泥棒への対策は、以下のようなものがあります。

  • 塀や垣根を低くして、外から敷地内が見え易いようにする。
  • センサーライトなどの設置
  • 歩くと音がなる「防犯砂利」などを敷く
  • 物置や足場になる物に対しセンサーライトなどの設置

死角を作ってしまうと、せっかくの防犯もまったく意味がありません。空き巣はどんなものでも利用して侵入しようとしますので、普段見ない場所こそ、注意してください。

玄関・勝手口のカギ対策

 

カギをピッキング対策用のものにする事はもちろん、破壊できないタイプ、カム送りやサムターン回しにも対応したカギに変更する。一つの扉に2つ以上のカギ(ワンドア・ツーロック)をつける。複数のカギが付いている事で、侵入にかかる時間を長くする事が大切です。

新聞受けの扉はやめましょう。これも侵入のリスクがあります。

窓の強化対策

窓からの侵入が最も多いのです。泥棒にとっては、カギは外すのに時間がかかりますが、窓ガラスは割ってしまえばすぐ入れます。

窓ガラスの対策として、窓ガラスを割られないようにするだけです。防犯ガラスなどもありますので、カギだけでなく、窓ガラスを割られないような対策も必要です。

緊急警報装置

各種センサーと連動して、通報するシステムです。
契約している警備会社に連絡するものや、自分の携帯へ連絡するもの、様々ですが、ご自分に一番あったものを選びましょう。

防犯対策

おすすめの防犯対策です。泥棒・空き巣を事前に防ぎましょう。

【鍵屋】≪お電話1本で急行≫急なトラブルも年中無休、安心価格でサービス満点!





顧客、防犯プラン提案力、価格満足度3冠達成【防犯カメラ設置110番】



まとめ

空き巣のやり方を紹介しましたが、空き巣の手口は巧妙なので注意しましょう。空き巣は家が留守であるところを狙うので、家が留守であると外から気付かれないようにすることが大切です。

空き巣の被害にあわないように日ごろから対策していきましょう。

少しでも参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました

Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedRegExpException: JSMin: Unterminated RegExp at byte 330: /^https?:\/\; in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:266 Stack trace: #0 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action(1) #1 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeSpeedupper.php(38): JSMin::minify('!function(){"us...') #3 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/class-wp-hook.php(307): autoptimizeSpeedupper->js_snippetcacher('!function(){"us...', '') #4 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/plugin.php(191): WP_Hook->apply_filters('!function(){"us...', Array) #5 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeScripts.php(548): apply_filters('autoptimi in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 266