柔道の技の歴史を振り返る嘉納治五郎の教えとは?

柔道の技の歴史を振り返る嘉納治五郎の教えとは?教育
TOM
TOM

世界的にポピュラーなスポーツになった柔道ですが、ひと昔は柔術として流派がバラバラでした。「どうやって柔道ができたの?」

 

ゆず子
ゆず子

柔道を創った人を知りたい!柔道でググったら「嘉納治五郎」(かのうじごろう)という名が検索されたけど、この人物はどういう偉人なの?

 

こういった疑問に答えます。

柔道の技の歴史を振り返る嘉納治五郎の教えとは?

 

柔道の父・嘉納治五郎の「心技体一致」「力必達」とは?

時は明治の中葉、鹿鳴館時代(ろくめいかん)・・・・世の中は「文明開花」に酔いしれていました。欧米先進国の文化は無条件で賛美され、受け入れられ、逆にこれまでの日本的な伝統文化は、な内容の善し悪しを問わず、徐々に興味を引かない状況になっていました。

このような状況のなかで、ひとりの青年が不意に柔術を習い始めます。この小柄な青年は、力づくで挑んでくる乱暴者を制止できず、己の非力さを悟り、「術」をもって対処すべく柔術修行を思い立ったのです。

今回の記事では、日本の柔道の父と言われた、「嘉納治五郎」について紹介します。

本記事の要約

・柔道への道:柔術の諸流儀の長所統合

・柔道への道:日本の尊さを残したい

・柔道への道:心技体の一致

・東京オリンピック誘致活動

 

スポンサーリンク

柔道への道:柔術の諸流儀の長所統合

明治時代の初期、日本の剣術・柔術などの日本古来の武術は、泥臭くて野蛮なもの、と一蹴されるありさまでした。著名な武術家たちも、生活の困窮からつぎつぎと道場を閉鎖し、生活の糧を別に求めました。
嘉納治五郎は、そんな状況のなか師を探すのに数年費やし、ようやく師にめぐり会ったものの、嘉納治五郎は稽古をしていくうちに、とんでもないことに気づくのです。
柔術にはいくつもの流儀があり、各々の流儀によって立ち技を重視するもの、寝技のみ教えるもの、関節技を決めるだけの稽古を積むものなど、武技に各々の特色があることがわかりました。
嘉納治五郎は、「いま、古流柔術は衰亡の危機に瀕している。これを救うには諸流儀の長所を統合し、完成度の高い武術を創始して、文明開花の軽薄な風潮に対抗するしかない」と思いました。

嘉納治五郎

万延元年(1860年)10月28日、酒造家出身の父・次郎作の三男として現・兵庫県神戸市東灘区に生まれる。
東京で官職にあった父に、11歳で呼び寄せられて上京。漢字・英学を修め、大学予備科の官立外国語学校へ進み、明治10年(1877年)に東京大学へ入学しました。
卒業後、嘉納治五郎は学習院で教鞭をとります。時代の先端をゆくべき教師でありながら、旧来の武術(柔術)を学ぶなどもってのほかだ、と嘉納は生徒たちの父母をはじめ、先輩・同僚の教師、周囲から厳しく非難されました。
もし彼が一介の名もない武術家志望者であれば、周囲にさほど波紋を呼ぶこともなかったでしょう・・・
スポンサーリンク

日本の尊さを残したい

武道が学びを受ける姿勢から瞑想
学習院の校長は嘉納を呼んで、柔術をやめるように説得しました。「文明に逆行するような真似を、君ほどの人間がなぜするのかね?」
この時、嘉納はただ一言だけ答えています。「日本の尊さを、残したいのです」と・・・民族固有の文化を忘却した”文明開化”は、すべての日本的なすばらしさを失うことにつながりかねない、と嘉納は言いたかったようです。
では、どうすれば己の柔術が後世に残るものとなるのか?
嘉納は学習院への奉職すると同時に、下谷北稲荷町にあった永昌寺へ寄宿。個々の書斎を道場として、天神真楊流の絞技、関節技などと、起倒流の立ち技の統合を研究し、真剣に技を練りました。

講道館柔道の誕生

講道館柔道の事実上の誕生したのですが、嘉納には敵が多かったのです。学校以外にも存在しました。「学習院の先生が、柔術に首を突っ込むのは道楽もはだはだしい。畳水練や理屈柔術は武術家の恥だ」、日々の生活に困窮し、路頭に迷う武術家の多くも嘉納を敵視しました。嘉納は他流儀を学ぶ過程で、彼らと戦うことを避けがたい宿命を感じます。
ですが、嘉納は逃げるわけにはいきません。あくまで己の初志を貫こうとします。「柔術を学ぶうちに、単に面白さのみならず、心身鍛錬に効果のある修行だと、深く感ずるようになった」、また一方で、「しかし、本来、柔術は体育または知徳の教育を目的として起こったものではなく、勝負のために工夫されたもの」でありこれを普及させるには、「更に幾分かの工夫を加える必要がある」と考えました。

心技体の一致

武術の道は心技体が理想
嘉納は日本武術に脈々と伝えられてきた、”心技体の一致”の教えを、三つに分け、これらが合致した時に、「精力善用」「自他共栄」の「人間完成の道」がなると悟りました。
大柔道

・修心法(精神修養)——–
・勝負法(武術)————–
・練体法(体育)————–

 

嘉納はこの上記3つの理想を「大柔道」と言っています。

そして、周囲の理解を求めながら、ついに講道館柔道を創始したのです。

講道館柔道

しかし当初は、世間一般になかなか講道館を認めてもらえません。柔術の新興一派としてしか見なされませんでした。柔道の理想を世上に知らしめるためには、古流柔術と試合を行い、その優秀さを証明するしか方法はありませんでした。

嘉納は徹底した英才教育を門弟たちにおこないました。古流の修行によってすでに頭角をあらわしていた若き柔術家を内弟子にスカウトし、創意工夫した講道館柔道の精神と技法を”乱取り”稽古のなかで練磨させたのです。

講道館四天王

・姿三四郎のモデルと言われている西郷四郎
・横山作次郎
・山下義昭
・富田常次郎

 

当時、日本武術界の最高権威であった「警視庁武術大会」で古流柔術の強者をなぎ倒し、連戦連勝の輝かしい講道館の歴史をつくったのは、おおむねこの4人でありました。

嘉納は教師としての収入と翻訳の原稿料の中から、内弟子を養い、柔道普及のための一切の費用を賄わなければいけませんでした。

嘉納は愚痴ひとつ言わず、己の理想実現のために着実に布石を打っていきます。

東京オリンピック招致活動

明治20年には伊豆の韮山に支部を開設。追々、各地に支部が開設され、ついにアメリカ進出を果たしました。

その結果、大正15年(1926年)には37,000の門人を有する団体になっていました。この急速な発展の裏には、旧来に目録→免許と進む柔術の成果を改め、級から段へ進むシステムを考案し、しかも黒帯、初心者には白帯の区分方法を採用したこと、更に普及性の高い柔道衣の開発、他流武道(空手や棒術)の研究、試合ルールの制定など、涙くましい徹底した考究の姿勢がありました。

明治42年、日本人最初の国際オリンピック委員会(IOC)の委員に選出された嘉納は、昭和13年(1938年)に第12回国際オリンピック大会を東京に招致するために、カイロ総会へ出席の帰途、太平洋上の氷川丸で他界79歳でした。

晩年 嘉納は揮毫(きごう)を頼まれると、いつも決まって

「力必達」

としたためました。

「力(つと)むれば必ず達する」と・・・

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

 

 

 

ブログランキング参加しています、応援お願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました

Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedRegExpException: JSMin: Unterminated RegExp at byte 330: /^https?:\/\; in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:266 Stack trace: #0 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action(1) #1 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeSpeedupper.php(38): JSMin::minify('!function(){"us...') #3 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/class-wp-hook.php(307): autoptimizeSpeedupper->js_snippetcacher('!function(){"us...', '') #4 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/plugin.php(191): WP_Hook->apply_filters('!function(){"us...', Array) #5 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeScripts.php(548): apply_filters('autoptimi in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 266