アメ車はフォード社ヘンリー・フォード創業者の車をつくる熱意とは?

アメ車はフォード社ヘンリー・フォード創業者の車をつくる熱意とは?ビジネス
TOM
TOM

「フォード・モーター」というアメ車のメーカーを知っていますか?
多くの方が聞いたことくらいはあるのではないかと思いますが、フォードはアメリカの大手自動車メーカーです。

 

 

日本の自動車メーカーも有名です。「トヨタ」「日産」「スズキ」など数多くありますね。

 

 

ゆず子
ゆず子

アメ車のフォード社に興味ある! フォードってどんな会社なの?創業者は誰? 自動車の歴史など知りたい!

こういった疑問に答えます。

 

アメ車はフォード社ヘンリー・フォード創業者の車をつくる熱意とは?

 

結論:自動車会社が成功するまでに7度の失敗、5度の破産をしている。

自動車会社フォード・モーターの創設者
『給料が安い人たちでも購入できる車をつくる!』との熱意で会社を設立するが僅か21台製造しただけで倒産。再度、会社を起こしては倒産の繰り返し。トータルで5度の破産を経験。

後の1600億ドルの収益を生み出す自動車会社、フォード・モーターの創業者。
自動車王とも呼ばれる。

 

今回の記事は、アメリカの大手自動車メーカー「フォード・モーター」について紹介していきます。

 

この記事を読むとわかること
  • アメ車のフォード社の創業者 ヘンリー・フォードとはどんな人物かわかります。
  • フォード社が大衆に向けた行動がわかります。
  • アメ車に興味があるあなたに提案します。

 

スポンサーリンク

アメ車のフォード社創業者ヘンリー・フォード

アメ車 フォード社創業者ヘンリーフォード

「フォード・モーター」は、1903年6月16日にヘンリー・フォードによって設立されました。

1863年にミシガン州で生まれたヘンリー・フォードは、田舎の農家で生まれ育ちでした。
がらくたを組み立てたり、友人の腕時計を修理するなど、少年時代から機械に興味を示し、才能を発揮していたそうです。

また、ヘンリー・フォードは1903年に「フォード・モーター」を設立しましたが、「フォード・モーター」設立以前には何回か起業に失敗しています。

ヘンリー・フォードは失敗を繰り返しながらも、「低価格・高品質の自動車を大量に生産する」というビジョンを強く持ち、自働車産業を大きく変えていきました。

ゆず子
ゆず子

この失敗を何度しても、チャレンジを繰す姿勢は、ダイソンさんに似ていますね!

 

フォードとトーマス・エジソンとの出会いが転機となる

トーマスエジソン

ヘンリー・フォードは、自分のクルマ作りの方向性が正しいものであると確信させたのはトーマス・エジソンの言葉だったと語っています。

2人が初めて出会ったのは、1896811日だった。ニューヨークでエジソン電気会社の代表者会議が開かれ、親睦を深めるための夕食会にフォードも出席していたのです。

フォードは、エジソンとの会食中、乗り物用蓄電池の充電が話題になりました。
電気事業者にとって大きなビジネスチャンスになるという話でした。

当時は蒸気自動車、ガソリン自動車、電気自動車が混在する状況でしたが、その会食の話題では電気自動車の優位を語る話が続きました。

フォードは黙って聞いていましたが、彼がガソリン自動車を作ったことを知ると、エジソンが興味をしました。

エジソンの説明では、電気自動車は発電所の近くでなければ機能せず、バッテリーが重いのも欠陥。

蒸気自動車はボイラーと火元を運ばなければならないので論外。

フォードのガソリン自動車は自前の動力装置を積んでおり、高い可能性を秘めていました。
フォードにはまだ迷いがありましたが、電気に関して世界一の知識を持っているエジソンが、モーターよりもガソリンエンジンのほうが動力として適していると断言され、天才からお墨付きを与えられ、彼は自分の考えが正しいことを確信したのでした。

スポンサーリンク

フォードはアメ車を大衆向けに普及させる

アメ車フォードクラシック

自動車が登場した時代は、車はお金持ちのための乗り物でした。
しかし、その当時、「フォード・モーター」が自動車を大衆のための乗り物にするために、自動車産業を大きく変えようと行動しました。

それを実現させるためのキッカケになった自動車が1908年に販売されました。
「T型フォード」です。

「低価格・高品質の自働車」の実現を目指したフォードは、生産方法に工夫を凝らしました。

それは、ベルトコンベアを使ったライン生産方式を開発した、流れ作業による大量生産の方法でした。

⭐️車を組み立てる作業は細分化し、時間をかけずに特定の作業を正確に行えるようになりました。

⭐️生産の効率が向上した結果、車をつくるためのコストも下がりました。

⭐️この時代の車の価格は、2,000ドル以上の車が当たり前。フォードは、850ドルで販売します。

 

アメリカの自動車産業に対し、「T型フォード」は衝撃を与えました。
「低価格で高品質」のT型フォードが大ヒットします。

当時のアメリカの平均年収は600ドル程度でした、だれでも車を手に入れられる金額とはいえませんでした。
しかし、当初の自動車に比べて「低価格・高品質」で多くの人の手に届く存在になったといえます。

アメリカ市場に自動車の大きな需要をもたらし、多大な売り上げを上げる大ヒット製品となったのです。

現在でも、多くの企業でライン生産方式(流れ作業)が用いられていますが、そのきっかけとなったのがフォードだったといえます。逆にトヨタは生産の流れ作業を大きく改善し、現在はセル生産方式で、生産性を上げコストを引き下げています。

フォード社はニーズに合った自動車を製造

アメ車フォード スタイル抜群

大衆向けのT型フォードに続き、より高性能なA型フォードが販売されました。その後も、スポーティーな外見のマスタングが販売されるなど、個性的でニーズに合った製品を作り出していきました。このように、ニーズのある特徴的な自動車が大ヒットし、フォードの成功につながったといえます。

フォード社日本市場を撤退

T型フォードやマスタングなどの人気車種を作り出していたフォードでしたが、2016年に日本市場の撤退を決めました。日本にはたくさんの国産自動車メーカーがあり、アメ車の販売台数は極めて少ないです。フォードは、利益の見込めない日本市場と早いうちに見切りをつけたと考えられます。

 

ヘンリー・フォードの名言

ヘンリー・フォードの名言には「自分で薪を割れ、二重に温まる」、「あなたができると思えばできる。できないと思えばできない。どちらにしてもあなたが思ったことは正しい」などがあります。

努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。
多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する。

 

事実がたとえわかっていなくとも、とにかく前進することだ。
前進し、行動している間に、事実はわかってくるものだ。

 

たいていの成功者は他人が時間を浪費している間に先へ進む。
これは私が長年、この眼で見てきたことである。

 

失敗とは、より賢く再挑戦するためのよい機会である。
まじめな失敗は、なんら恥ではない。
失敗を恐れる心の中にこそ、恥辱は住む。

 

決断しないことは、ときとして間違った行動よりたちが悪い。

 

アメ車専門買取ドットコム

もしあなたがアメ車を所有していて、どうしても売りたい場合アメ車買取査定【アメ車専門買取ドットコム】をオススメします。

 

【アメ車専門買取ドットコム】は、創業から間もなく30年のアメ車買取専門店です。

アメ車買取のことなら相談ができますよ。

【アメ車専門買取ドットコム】は、アメ車の買取専門店として、まもなく創業30年を迎える「アメ車のプロフェッショナルカンパニー」。あなたが大切に乗られてきた愛車の価値を見極め、どこよりも高く買取査定が可能です。

【アメ車専門買取ドットコム】は、アメ車に特化することによって、その専門性や知識、ノウハウを兼ね備えているだけではなく、査定・買取を行ったアメ車を店頭で直接販売しているため、無駄な費用を上乗せしなくていい分、あなたのアメ車を、より高額で査定・買取ができる買取システムが確立されていますので安心ですよ。

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

 

 

ブログランキング参加しています。応援お願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました

Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedRegExpException: JSMin: Unterminated RegExp at byte 330: /^https?:\/\; in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:266 Stack trace: #0 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action(1) #1 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeSpeedupper.php(38): JSMin::minify('!function(){"us...') #3 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/class-wp-hook.php(307): autoptimizeSpeedupper->js_snippetcacher('!function(){"us...', '') #4 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/plugin.php(191): WP_Hook->apply_filters('!function(){"us...', Array) #5 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeScripts.php(548): apply_filters('autoptimi in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 266