江戸時代

スポンサーリンク
教育

江戸時代の文化のひとつに大商人の存在あり!その名は河村瑞賢

今日も歴史の勉強をしたけど・・江戸時代の商人を知りたい!江戸時代の大商人の河村瑞賢はどう?河村瑞賢はどんな人だった?こういった疑問に答えます。江戸の大商人・河村瑞賢。今回の記事では、そんな河村瑞賢(かわむら ずいけん)とはどのような人物かについて紹介します。
生活

江戸時代の生活の知恵の「おさがり文化」とは?”もったいない精神”から学ぶ

昔の人が繰り返しものを使えるように工夫していたことを教えてください。ものを大切にするという日本人ならではの姿勢は、江戸時代の暮らしにヒントがありますよ。例えば、着物は古着で買ったのち、自身で修繕や補強を入れることは、もちろん、何度も仕立て直しを行い、縫い目をほどき反物に戻してから洗濯していたそうです。さらに使い古した着物は、端切れにしておむつや雑巾、かまどの焚きつけとして使用していました。その灰は専門業者に回収され、肥料や焼き物のうわ薬として活用されていたといわれています。
教育

ファーストフードは江戸時代からあった!美味しかったのは○○芋?

江戸時代のファーストフードがやけに気になる・・・!!あなたもゆず子と同じ疑問を持っていませんか?そんな疑問にお答えします。そこで今回の記事は、ファーストフードは江戸時代にもあり、町民をはじめとしてさまざまな人に愛されていました、そんな江戸時代のファーストフードとスイーツについてまとめました。
ビジネス

江戸時代の知恵をとりれればリサイクルやSGDsの循環社会が実現できる

SDGs(持続可能な開発目標)って学校で習ったけど・・これって昔からなかったの?こういった疑問に答えます。私たちの住んでいる日本が、”過去に目指すべき循環型社会をほぼ完璧な形で形成していた”事はご存知ですか?それが『江戸時代』なんです。今回はそのエコ時代とも呼ばれる『江戸時代』が”どんな循環型社会だったか”をまとめました、それでは最後までお付き合いください。
ビジネス

江戸時代、多額なお金を手に入れた商人「高田屋嘉兵衛」の開拓者魂

「江戸時代に大きのお金を稼いだ豪商って誰ですか?」って調べたこといありませんか?こういった疑問に答えます。作家の司馬遼太郎氏が江戸時代の人と実際に会えるなら、まっさきに会いたいと言った人物です。当時は、雇われ船長として関西と北海道との間で、魚類を中心に貿易をしていました。「箱館発展の恩人」と称される淡路島出身の豪商・高田屋嘉兵衛。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました