植木等

スポンサーリンク
教育

昭和時代のジャズバンド言えばクレージキャッツ植木等「お呼びでない?こりゃ失礼しました!」

音楽ジャズの全盛期っていつ頃だったのですか?そんな疑問にお答えします。日本のジャズ、昭和初期時代に躍動をあたえ日本音楽史においても重要です。 戦後の日本ジャズの隆盛は戦前の遺産無くして成立することはありえないのです。日本は、太平洋の向こうのアメリカのジャズに敏感に反応していたのです。日本のジャズは歌謡曲の発展とともに繁栄の時代を築きました。歌謡曲とジャズが融合していた時代こそ、日本人のジャズ魂がもっとも輝いていた時代。そこで今回の記事は、日本のジャズの歴史とそのジャズの魅力から芸能界への道を歩んだ「植木等」のお話をまとめました。
どん底からの逆転人生

【スーダラ伝説】植木等は無責任な男ではなく、笑いからサラリーマンや人々を幸せにしていた! 【後編】

わかっちゃいるけどやめられない!戦後ニッポンを笑い飛ばした奇跡のコミックソング「スーダラ節」それを歌った”植木等”さん。【スーダラ伝説】前編をお話しました。植木等さんの話し続きが聞きたい! こういった疑問に答えます。植木等の「スーダラ伝説』「わかっちゃいるけど やめられない!」後編。昭和50年代にNHKで放映されていた歌番組に、『ビッグショー』がありました。これは一人のビッグ・スターが、自ら司会もしながら45分間出ずっぱりで歌う(時には1人だけゲストを呼ぶ時もありましたが、)という構成の番組で、当時はこれに出演できれば、NHKからトップスターのお墨付きを貰ったという位に権威のある番組でした。
どん底からの逆転人生

植木等は無責任な男ではなく、笑いからサラリーマンや人々を幸せにしていた!【前編】

わかっちゃいるけどやめられない!戦後ニッポンを笑い飛ばした奇跡のコミックソング「スーダラ節」それを歌った”植木等”さん。植木等さんってどんな人物だったの?こういった疑問に答えます。植木等の「スーダラ伝説』「わかっちゃいるけど やめられない!」日本戦後の高度成長期、病気もありながら働いているという、先進諸国の中では突出して働く日本の労働者。昭和は激動の時代でした。今日の記事は 日本人の記憶に刻まれたある歌の物語。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました