ハリウッドスター

スポンサーリンク
どん底からの逆転人生

エルビスプレスリーの名曲はバラードとロックンロール、アメリカ音楽界を変えた異端児

TOM 「トム・ハンクス」が出演した映画「エルヴィス」 その主人公の「エルビス・プレスリー」は音楽で世界を変...
ビジネス

トム・ハンクスは現在も映画で引っ張りだこ、しかし若い頃は地獄の日々を過ごしていた

ミスターナイスガイ!といえば「トム・ハンクス」その誠実な人柄から「アメリカン・ダッド」と呼ばれています。トム・ハンクスといえば「いい人」の代名詞のような俳優です。役柄でもプライベートでも、彼のいい人っぷりを明かす話は枚挙にいとまがないですね。トム・ハンクスは、一見したところセクシーな雰囲気とか、イケメンでかっこいいという俳優さんという印象は受けませんが、どっちかというと、ごく普通のおじさんという感じですね。そんな彼ですが、ハリウッドを代表する地位を現在築いています。今回の記事は、トム・ハンクスがどうして今の地位を築き、成功していったのか。そのわけを紹介します。
遅咲き人生の成功者

シルベスター・スタローンの過去はポ○○俳優だった!遅咲きハリウッドスター

遅咲きの人生を送る有名人や偉人には、なぜ成功者が多いのでしょうか?そうですね! どうしてでしょうか? 映画『ロッキー』や『ランボー』シリーズなどで知られるシルベスター・スタローンも遅咲き人生なんですね?こんな疑問にお答えします。シルベスター・スタローンの若い頃、なんとポルノ俳優だった!出産時の産科医のミスにより顔左側の神経が傷つけられ、生まれつきの言語障害を患うようになったスタローン。少年時代に両親が離婚し、24歳まではポルノ男優として生計を立てました。その後は、自身が脚本・主演をつとめた「ロッキー」がアカデミー賞最優秀作品賞を受賞し、一躍ハリウッドのトップスターへ!このブログでは、遅咲きと言われる俳優や作家たちなどを例にとって、その理由を詳しく解説してきましたが、今回は映画俳優のシルベスター・スタローンについてまとめました。
2022.07.28
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました