ビートたけしの浅草キッドの原作は?感想は?

ビートたけし 浅草キッドの原作 感想エンタメ

おい、たけし、いつもお笑いのことを考えとけ!コメディアンの生き方の基本だ! いつも笑わせることを考えてろ!

NETFLIX(ネットフリックス)でビートたけしさんの小説の原作「浅草キッド」が話題になっていますね。現在はMー1が人気ですが、1980年代には漫才ブームがあって、そのブームの牽引役となったのが、北野武さんことビートたけしのツービートでした。一年中テレビでは漫才だらけの時代、「THE MANXZAI」「俺たちひょうきん族」に代表される一大ムーブメントでした。

まちがえなく、今の漫才ブームを生み出したのはビートだけしと言っても過言ではありません。

ここで皆さんに質問です。それではたけしは、最初からコメディアンを目指したのか?

大学時代、新宿でゴロツいていた。「今さら学校にも戻れなし、だいたい学費を払っていないかったから籍は無いだろ。とりあえずアルバイトでも探すか、もう新宿は嫌いだし、昔よく行った浅草にでも行ってみるかーーーーーーとたどりついたのが浅草の「フランス座」。

たけしはただエレベーター番のアルバイトに募集しただけ、しかしここに来るからにはコメディアン志望だろうと思われたみたいです。

コメディアン志望ではないんですよ!

では、『浅草キッド』を紹介します。たけしの師匠である芸人・深見千三郎との出会い、下積み時代の浅草での青春模様が原作で、劇団ひとりが監督・脚本を手がけた作品です。
ビートたけしのプロフィールと生い立ちは記事の最後にあります。
スポンサーリンク

「浅草キッド」作品情報

【公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本】
劇団ひとり

【原作】
北野武

【キャスト】
大泉洋、柳楽優弥、門脇麦、土屋伸之、中島歩、古澤裕介、小牧那凪、大島蓉子、尾上寛之、風間杜夫、鈴木保奈美

【作品概要】
今回の監督は芸人・作家・役者とマルチに活躍する「劇団ひとり」。2020東京オリンピックの開架式で芸を披露しましたね。幼少時からたけし信者で、彼がコメディアンとして出世できたのも、ビートたけしがプロデュースする、「天才たけしの元気が出るテレビ」オーディションです。

劇団ひとり監督は「いつか自分で映画化したい!」と、脚本から手がけて撮影に至るまでに、7年間もかかったといいます。

たけし役には柳楽優弥(銀魂で鬼の副長 土方役)、たけしの師匠・深見千三郎役には、大泉洋が演じ、ビートきよし役に漫才コンビ・ナイツの土屋伸之。

スポンサーリンク

映画『浅草キッド』のあらすじ

この記事を書いたトムが描いた1973年当時の浅草フランス座

浅草フランス座1973年トム作

舞台は昭和40年代の浅草です。大学を中退したビートたけしこと北野武は、「お笑いの殿堂」と呼ばれる、ストリップ劇場の“フランス座”のエレベーターボーイをしていました。

冒頭でお話しましたね。もともとコメディアン志望ではないって。たけしは、フランス座のエレベーター番のアルバイトです!

俺が朝、エレベーターの前で立っていると、コメディアン志望の若者だと思ったか?

「お前、何って名前だ?」「北野武です」と緊張気味に答えると。

「コメディアンは何でも出来なきゃしょうがねえぞ!お前も暇な時はタップとかギター、それか本ぐらい読んでいろ、これからタケでいいや!」

と勝手に勘違いされて、勝手に決めてられてしまったのです。この大きな勘違いでたけしの人生が変わってきます。

これでたけしは、それでタケと呼ばれるコメディアン志望者の若者になってしまったんです。

たけしはストリップ劇場の幕間(まくあい)で、深見千三郎のコントを観てほれ込み、芸人を目指し弟子入りを志願します。

1974年、“松鶴家たけしきよし”の2人は、地方のキャバレーや温泉宿のステージで、漫才興行に歩く日々……キャバレーの客は酒とホステスと乱痴気騒ぎで、漫才を聞く者など1人もいません。

しだいにそんな客に苛立っていくたけしは、「黙って聞いてろバカ野郎」と暴言を吐きます。その場を取り繕うとするきよしの努力も虚しく……。

怒った客から「何なんだよ、オマエ!」と詰め寄られ、“芸人だよ、バカ野郎”と言い返し大乱闘となってしまい、激怒した支配人は2人を店から追い出します。

たけしはそんなのどこ吹く風……しかし、どこへ行っても無名の芸人の漫才を聞く者などおらず、大部屋の控室でもたけしだけは浮いた存在です。誰も聞かない漫才をするため練習をし、笑いの取れない虚しさをかみしめる日々でした。

用意された宿がラブホテルの時もありました。ベッドに寝ころびいっそのこと、頭下げてフランス座に戻ってみるかときよしは聞きますが、深見は戻って来ても一歩も小屋へは入れるなと、言ってるらしいとたけしは遠い眼で天井をみつめます。

2年前、白のスラックスにブルーの背広、白いハットをかぶって皮カバンを持ち、颯爽と歩く“深見千三郎”がやってきます。

彼は浅草の住民や“フランス座劇場”の従業員のおばちゃんから、“師匠”と呼ばれきつい冗談を言いながら中へと入って行きます。

たけしはフランス座で“エレベーターボーイ”をしていました。深見はフランス座の座長兼“芸人”で、たけしは働き出してから彼のコントを観て、その芸風にとことん惹かれていきました。

そして、いつしか深見の弟子になり、フランス座のステージに立ちたいと、チケット売りのおばちゃんに、口利きしてもらおうと待っていました。

フランス座の楽屋で寝泊りをしていたタケシはある晩、誰かが歌う声を聞きステージへ行くと、踊り子の千春が衣装を繕いながら、流行歌を歌っていました。

彼女は旅芸人の一座で、芝居や歌をしながら日本中を巡り、気がつけばフランス座で裸で踊っていると自虐しますが、タケシは彼女は歌が上手いと褒めます。

千春は褒めるタケシには下心があると思い、「ヤラせないよ」と言ってからかいます。

映画『浅草キッド』のポイント

以下、『浅草キッド』ネタバレは著作権の関係がありますので、詳細はお話できませんが、YoutubeでNETFLIX(ネットフリックス)の予告編が出ていますのでその範囲で紹介します。

タップダンス

Legs from a group of tap dancers in costume on stage

「笑われるな、笑わせるんだ!」

1)たけしには取柄となるものが何もありません。

2)タケシは開けても暮れても、劇場の仕事の合間にタップの練習します。

3)ある日、師匠のコントに出演する、先輩が出られなくなり、その代役でたけしが出演。

4)役はナンパされるホステスという役で登場します。

5)娯楽も時代はテレビに移っていると指摘しますが、師匠はテレビで芸が伝わるわけがない。

6)たけしは軽快なステップを踏み始め、水を得た魚のように弾んで踊ります。

7)たけしは日常のこともネタにして人気も上々となっていきます。

8)たけしは師匠にフランス座を辞めて、外で勝負させてほしいと願い出ます。

9)たけしはコンビ名を“ツービート”と改名して、ビートたけし・ビートきよしで活動開始。

 

 

映画『浅草キッド』の感想と評価

現在は令和、映画の時代は昭和、昔の浅草の風景・服装・住まいなどが時代の流れを感じさせます。

深見千三郎は、やたら「バカヤロー!」を連発する破天荒な芸人でしたが、生涯ストリップ劇場の“幕間”でコントを披露をモットーに、テレビ出演には否定的でした。

ほとんどTV出演がなかったことで、「幻の浅草芸人」とも呼ばれて、芸人も含め浅草の人達からも慕われていました。

そんな破天荒の弟子としたコメディアン・芸人の道を目指したビートたけし。この二人しかわからない師弟の絆を描いた映画『浅草キッド』は、まさに最高の作品ともいえます。

ビートたけし役の柳楽優弥が、たけしの素振りとマッチしておりダブらせます。深見千三郎役の大泉洋はかなり深見の研究をしたようです。

二人の師弟関係は、短い2年間でしたが、たけしは特別な弟子で、とても可愛がられていたことが、『浅草キッド』から感じられます。

この映画の時代、”男はつらいよ”の「渥美清」、コント55号の「萩本欽一」「坂上二郎」漫才の「セントルイス」など浅草が輩出した有名人が同時に多く存在し、2人の出会いは奇跡的な感じがしますね。

たけしは失敗するたびに、尊敬する“深見”のことを思い出し、芸人の道を進んでいきます。

ビートたけしは師匠に対し、「自分は有名になる事では師匠を超えられたが、芸人としては最後まで超えられなかった」と語っています。

さいごに(おまけ)

ビートたけしは自伝小説が原作となったNetflix映画「浅草キッド」が話題となっていることを知り、監督を務めた劇団ひとりからブルーレイDVDでもらった観たとの事。

コメントは、「恥ずかしかった」。「あれ、当たる理由が分かるね。泣かせるから。実際は悲惨だったんだよ」。映画の感想は「自分も泣いたけど、きれいになっているなって。映画らしくなっているなって」と評価しました。

「実際は語れないほどのひどい目にもあっているし。映画っていいなって思うよ。きれいに上がってるから」と感想を付け加えました。

私もたけしと同じ、足立区出身、浅草育ちということで親近感があり大好きな芸人です。そのたけしの青年期を映画化したNetflixの『浅草キッド』は、つらいとき、苦しい時に“師匠”がいてたけしを「バカヤロー!」で叱咤激励する優しさが印象的です。

この映画見るとあなたは○○な気分になれます!

浅草キッド Netflix公式サイト

注意:Netflix(ネットフィリックス)は、他の動画サービスと違い、お試し期間が残念ながらありませんので、登録したら即利用料金が発生します!

ですが映画を観る前に、この原作本がオススメです。内容はこの映画の「浅草キッド」をさらに面白くさせる、映画では話にできないエピソードや可笑しく愉快な「たけし自身」の言い回しで書かれています。断然この本を読んだ後に映画を観るのがオススメです!

例えば、たけしの親父さんの酷い逸話:姉さんが可愛がっていたひよこのピーちゃんを大きくなったので鍋にしちゃった話。

浅草のターザンという奴もよくフランス座の前を通って、汚れたパンツ一丁で他裸 バナナしか食わない変わり者などなど 今じゃコンプライアンス的には話にできない内容ばっかりです。

多くの芸人からバイブルのように読みつがれたビートたけしの自伝的な青春小説、待望の復刊決定!

芸人たけしが生まれた浅草の街と唯一無二の師匠の物語。
ビートたけしが万感の思いで贈る自伝小説。

音楽 浅草キッド ビートたけし

いうわけで、今回は以上です。

最後に北野たけし名言で締めたいと思います。

ビートたけし名言集

人生で楽しいことばかりじゃない。苦しいと思うことも生きている証だと思えば楽しめる。

必死にやってもうまくいくとは限らなくてどうにもならないこともある。それが普通で当たり前だってことの方を教えるのが教育だろう。

努力ってのは宝くじみたいなものだよ。買っても当たるかどうかはわからないけど、買わなきゃ当たらない。

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事 成功者の共通点

「ビートたけしの生い立ちと経歴がすごい!」

「日清食品の創業者・安藤百福には刑務所に入った過去があった!」

「生活創庫創業者・堀之内九一郎はホームレスの超貧乏だった!」

「ドン・キホーテの創業者・安田隆夫は所持金が5円だった!」

応援お願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました

Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedRegExpException: JSMin: Unterminated RegExp at byte 330: /^https?:\/\; in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:266 Stack trace: #0 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action(1) #1 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeSpeedupper.php(38): JSMin::minify('!function(){"us...') #3 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/class-wp-hook.php(307): autoptimizeSpeedupper->js_snippetcacher('!function(){"us...', '') #4 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/plugin.php(191): WP_Hook->apply_filters('!function(){"us...', Array) #5 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeScripts.php(548): apply_filters('autoptimi in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 266