スポンサーリンク

さかなクンの帽子はなぜフグなのか?魚好きから半生を変えた物語

さかなクンの帽子はなぜフグなのか?魚好きから半生を変えた物語教育
スポンサーリンク

 

ゆず子
ゆず子

さかな(魚)と言えば!

 

魚はお寿司や刺身が美味しいよね

 

ゆず子
ゆず子

その魚と違う! さかなクンって知らないの? 魚の知識が豊富な人物だよ!

 

 

「さかなクン」って誰よ?  もっと詳しく「さかなクン」について教えて!

 

こんな疑問にお答えします。

 

現在、お魚への熱烈な愛情に裏つけされた豊富な知識、明るく楽しい性格で人気の「さかなクン」、その生い立ちは謎に包まれています。

さかなクンの半生を、のん主演で映画化した『さかなのこ』が、202291日公開されます。

さかなクンの半生をつづった自伝「さかなクンの一魚一会 ~まいにち夢中な人生!~」を原作に、フィクションを再現しながら大幅にアレンジした本作は、幼いころからお魚に夢中だったミー坊(さかなクンの当時の愛称)が、厳しい現実と向き合いながら自身の歩むべき道を模索していく物語です。

 

 

 

結論:小さい時は、お魚には、全く興味がありませんでした。

 

さかなクンの帽子はなぜフグなのか?魚好きから半生を変えた物語

 

そこで今回の記事はどうして彼が魚好きになったのか? どのようにして「さかなクン」が誕生したのか?かぶっている帽子はなぜ?フグなのか? 「さかなクン」の半生をまとめてみました。

 

さかなクンの年齢、本名、出身地、生育地、居住地
本名:宮澤 正之(みやざわ まさゆき)
◎生年月日:1975年8月6日(47歳)
◎出身地:東京都葛飾区
生育地:神奈川県綾瀬市
◎居住地:千葉県館山市

 

お父さんは囲碁棋士の宮沢吾朗九段です。

現在の居住地は千葉県館山市。千葉県南部の房総半島。東京都から車で1時間30分くらい、電車を使う場合は2時間30分はかかります。

 

魚といえばさかなクンというほど知名度は抜群で、魚に関する深い知識はいうまでもなく、魚にちなんだイラスト、さらに歌もうたうというマルチな活躍していますね。

そんなさかなクンの学歴はこちらです。

綾瀬市立北の台小学校、綾瀬市立北の台中学校、神奈川県立綾瀬西高等学校を卒業しました。

東京水産大学(現在の東京海洋大学)入学を目指しましたが断念、日本動物植物専門学院アニマルケアー科(現在は廃校)に進学。

アルバイトでも、魚専門のペットショップ、寿司屋と魚が必ず関係してます。

魚ジャンルではトップクラスの知識と業績をもっていることから、東京海洋大学名誉博士、2006年に東京海洋大学客員准教授に就任なさってます。

<さかなクンの業績>
◎カブトガニの人工孵化に成功(1993年 高校3年生)
◎西湖でのクニマスの発見に貢献(2010年)
◎イシガキフグの人工繁殖に貢献

 

魚にまつわる役職は数え切れなく、宮古島海の親善大使(沖縄県)、“渚の駅”たてやま名誉駅長(現在居住地の千葉県館山市)、小笠原諸島PR大使などなどほんの一例です!

人生の全てが魚に関係するという、しかも芸名もズバリ「さかなクン」という魚人生を今も歩んでおられるさかなクンなのです。

 

「さかなクン」は、おとなしいの少年

リアルな体験の価値は高い

二人兄弟の弟として、東京都で生まれたまさゆき君(さかなクン)。周りからは、「ミー坊」や、「まーちゃん」の愛称で呼ばれていました。

幼いころは、無口でおとなしい少年でしたが、興味を持ったことにはとことんのめり込む性格でした。そこで最初に興味を持ったのは、「トラック」。

絵を描くことが好きだった「さかなクン」は、日々トラックの絵ばかり描いていました。

その後、神奈川県綾瀬市に移り住んだ「さかなクン」は、小学校に入学するが、おとなしい性格と運動音痴で、クラスでも目立たない存在でした。

 

「おとなしい幼ギョ時代でギョざいました」(さかなクン)

 

しかし、小学2年生の時、大きな転機が……
 ある日の休み時間、クラスメイトがさかなクンのノートに落書きを……そこに描かれていたのは「タコ」。

 

今までタコを見たことがなかったさかなクンは、「かっ、かわいい……」。

そのユニークな姿に、思わず一目ぼれ。

「見た瞬間、ノートから飛び出てくるようにバアーって来たんですね、タコが」「可愛い、気持ち悪い、怖い、面白い、いろんな魅力が自分の中で爆発するぐらいの感動が……」
(さかなクン)

このタコとの出会いが、その後の人生を大きく変えることに。

 

「さかなクン」のあだ名は「タコ」

タコのイラスト

タコの落書きを見て以来、とりつかれたように頭の中はタコのことでいっぱいに。

家に帰ると「お母さん、タコ見たい!」

そして、お母さんが買ってきてくれた小さなタコを見て、大喜びしたそうです。

 

”虫眼鏡を使って、何回も吸盤を数えながら、絵を描いていました。部屋中がタコの臭いで充満するまで、その場を離れませんでした。「この子はタコに夢中になり始めたんだ。」本当にそう思いました。”

 

それ以来、お母さんは、「さかなクン」の好奇心を大切にしたいと思い、毎日のようにタコを買いに行きました。それはなんと!1ヶ月間、毎晩、タコ料理を作ったそうです。

タコに夢中な「さかなクン」、つけられたあだ名は、そのまんま「タコ」。

そんなタコ好きの少年が、なぜ魚好きへと変わっていったのでしょうか?

「さかなクン」はタコからさかなに変身

水族館の綺麗な魚たち

生きているタコを「さなかクン」に見せてあげようと、お母さんが水族館に連れて行った時のことです。大好きなタコを見て大興奮します。

しかし!目に飛び込んできたのは、水槽の中を泳ぐ、色彩の魚たち。その光景に、一瞬で心を奪われてしまいました。

 

そして、なかでも心を惹かれたのが、「ハコフグ」。

 

大きな魚がいる中でも、小さい体で懸命に泳ぐ魚でした。

水族館に行った後、魚図鑑を買ってもらい、読みあさりながら魚の絵を描くなど、すっかり魚一色の生活になりました。

毎日、魚について猛勉強するさかなクン、魚屋に通っては、質問責めにして、魚のプロを困らせていたそうです。

「魚詳しいなあ、今度、絶対わからねえ魚を仕入れとくからな」

すると、徐々に魚屋のおちゃんが、

「俺もわかんねえんだけど、これわかるか?」

 

スポンサーリンク

「さかなクン」魚については100点だが・・・

魚の知識は増える一方で、学校の成績は?・・・答案用紙に魚の絵を描くばっかりで、まったくだめでした。5段階評価で、なんとオール2。

この成績にさすがのお父さんも激怒しますが、お母さんは、「あの子は絵が好きで、お魚が好きなんだから、それでいいんです。」決して、勉強しろとは言わなかったそうです。

 

一番大切なのは、好きなことを自由にやらせてあげること。個性を伸ばしてあげたいと強く思いました。(さかなクンのお母さん)

 

 

さかなクンの小学6年生の卒業文集……
”ぼくの将来の夢は、東京水産大学の先生になることです。そして、研究したことを、いろいろみんなに伝えてあげたいからです。”
「大好きなお魚の先生になりたい……」
スポンサーリンク

さかなクンの「TVチャンピオン・第3回全国魚通選手権」

中学生のときカブトガニの人工孵化に成功、高校生のときはテレビ東京の『TVチャンピオン』「第3回全国魚通選手権」で準優勝してます。

さかなクンが宮澤君だった頃『TVチャンピオン第3回全国魚通選手権 』1993年

 

結果は惜しくも準優勝。

魚には誰よりも自信があっただけに、とても悔しい思いをしました。

さかなクンの「どうぶつ奇想天外」出演

2000年、TBSの番組「どうぶつ奇想天外」から出演依頼があり、出演することに。最初の頃は、緊張もあったのか、今とは違っておとなしい「さかなクン」でした。

海の中に潜るロケで、「ギョギョギョーッ!」っと!

その後は、ハコフグの帽子をかぶって、常にハイテンションなさかなクンになっていきました。

ハコフグちゃんと一緒にいる安心感、頭に乗っけるだけで「おおっ!」っとスイッチが入るそうです。

ギョギョーこれをかぶってさかな君にに変身!
さかな君バンダナです。
ギョギョー バンダナはもちろんハンカチやお弁当を包むランチクロス、お食事用のナフキンとしてもご使用頂けます。

 

映画「さかなのこ」

 

 

お魚への熱烈な愛情に裏打ちされた豊富な知識とユーモラスなキャラクターで人気のさかなクンの半生を、のん主演で映画化した『さかなのこ』(9月1日公開)

主人公・ミー坊を、のんが演じるというジェンダーを超えたキャスティングが話題となった本作です。(高校生から大人までをのんが演じています)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

 

 

応援お願い致します。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
心理学ランキング
経営学ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました

Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedRegExpException: JSMin: Unterminated RegExp at byte 330: /^https?:\/\; in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:266 Stack trace: #0 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action(1) #1 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeSpeedupper.php(38): JSMin::minify('!function(){"us...') #3 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/class-wp-hook.php(307): autoptimizeSpeedupper->js_snippetcacher('!function(){"us...', '') #4 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/plugin.php(191): WP_Hook->apply_filters('!function(){"us...', Array) #5 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeScripts.php(548): apply_filters('autoptimi in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 266