スポンサーリンク

大谷翔平の成績はベーブルースよりも凄いのは性格の違いから?

大谷翔平の成績はベーブルースよりも凄いのは性格の違いから?教育
スポンサーリンク
ゆず子
ゆず子

学校の道徳の教科書に「大谷翔平」選手の内容があり勉強したよ!

 

TOM
TOM

現在、アメリカの野球で、二刀流としてメジャーで数々の記録を塗り替えている大谷翔平選手だよ。

 

10勝を達成すれば、既に放った20本以上の本塁打と合わせて、1918年のベーブ・ルース(レッドソックス)以来の「2桁勝利&2桁本塁打」に到達します。「104年ぶりの大記録まで、後、一勝」。

 

 

 

ゆず子
ゆず子

ベーブルース ってどんな人物なの? 大谷翔平選手はどうやって夢や目標を達成してきたの?

 

 

こんな疑問にお答えします。

 

大谷翔平の成績はベーブルースよりも凄いのは性格の違いから?

 

 

結論:大谷翔平は、「夢を実現するためには」というも目標と行動を可視化したから

今回の記事は、大谷翔平選手が、飛び越えるベーブルース とはどんな人物だったのか?そして大谷翔平選手が、今までどうやって夢や目標を達成してきたのかをまとめました。

大谷翔平、ベーブルース 以来104年ぶり「2桁勝利&2桁本塁打」達成!

2022年8月9日(日本時間10日)4度目の挑戦で、偉業を成し遂げた!ベーブルース させ「2桁勝利&2桁本塁打」は、23歳だった1918年の「13勝&11本」の1度しか達成してない。
メジャーは史上2度目の大記録だが、大谷は日本ハム時代を含めれば、自身3度目の達成となりました。

スポンサーリンク

ベーブルース とはどんな人物だったのか?

 

 

  • 生年月日:1895年2月6日
  • 没年月日:1948年8月16日(53歳没)
  • 身長:約188 cm
  • 体重:約97.5 kg
  • ポジション:投手、外野手
  • 生涯通算成績:714本塁打(本塁打王12回)、2,213打点、

 

幼い頃から素行が悪く、矯正学校に入れられるような少年が、野球と出会い、後に大記録を打ち立てる選手になっていくという話でした。

悪さばかりをしていても、打ち込める何かが見つかればこんなに偉大な人間になれるんだと、幼いなりに考えたのを思い出します。

 

子供のころは非行少年で両親もお手上げで、矯正学校に入れられた。ホームラン記録を作るまでは三振記録も持っていた。714本のホームラン記録に対して、1330回の三振をしている。

アメリカのメジャーリーグで、34年間ホームランの最高記録保持者であった。

大谷翔平プロフィール

 

 1994年7月5日、岩手県水沢市(現奥州市)生まれ。
姉体小2から水沢リトルで野球を始める。水沢南中では一関シニア。花巻東高では1年春から4番。1年秋からエース。
甲子園には2年夏、3年春の2度出場。高校通算56本塁打。3年夏に高校生最速(当時)160キロをマーク。2012年ドラフトで日本ハムが1位指名。16年クライマックスシリーズで日本プロ野球最速の165キロを記録。
2015年に最多勝、最優秀防御率、最高勝率。15、16年ベストナイン(15年は投手、16年は投手と指名打者)。16年パ・リーグ最優秀選手。2017年オフにポスティングでエンゼルス移籍。18年ア・リーグ新人王。
10月に右肘のトミー・ジョン手術を受ける。2019年は打者のみの出場で6月に日本人初のサイクル安打達成。9月に左膝を手術。2020年は二刀流復活も投手では未勝利。21年オールスター初選出、史上初のDH・投手で先発。前日のホームランダービーにも日本人選手として初出場。

 

スポンサーリンク

大谷翔平とベーブルースの成績の比較

ベーブルースは元々は投手としてスタートし、1915年から1917年の三年間は、ボストン・レッドソックスの投手として活躍していました。

1917年に投手としての打率が.325、長打も放っていたため、1918年から二年間は「二刀流」という働きをします。

ここでは、ベーブルースが実際に「二刀流」として活躍した、1918年1919年の2年間との比較とをしていきます。

 

大谷翔平

メジャー年度別投手成績
年度所属試合安打三振自責防御率
2018エンゼルス1042051.23863193.31
2020エンゼルス20101.233737.8
2021エンゼルス23920130.198156463.18
通算351350183.2139222723.53
メジャー年度別打撃成績
年度所属試合打数安打本塁打打点盗塁打率出塁率長打率
2018エンゼルス11432693226110.285.361.564
2019エンゼルス106384110186212.286.343.505
2020エンゼルス44153297247.190.291.366
2021エンゼルス1555371384610026.257.372.592
通算41914003709324755.264.353.537

 

ベーブルース 1918年~1919年成績

1918年:13勝7敗、防御率2.22、40奪三振
380打席、打率.300、11本塁打、 66打点

1919年:9勝 5敗、防御率2.97、30奪三振
542打席、打率.322、29本塁打、114打点

この様に比較すると、大谷翔平選手の成績が、驚異的な数字であることを改めて実感しますね。

ですが、正確に比較することはやはり難しいようです。
先程も少しお話したように道具の質の違い、特にボールについては大きな差があったようで、ベーブルースの時代はデッドボール時代と呼ばれ、飛ばないボールが使用されていたということ。
また、大谷翔平選手は登板時以外にはほぼDHで出場しており、疲労度が違うなどの、簡単には比較できないポイントもあります。
ただ、大谷翔平選手がシーズンのスタート時から「二刀流」として出場していたこと、現時点で盗塁数が22個あることなど、総合的に考えると、誰とも比較できない異次元の選手であることがわかりますね。

 

スポンサーリンク

大谷翔平は夢や目標を実現するために大切にしたこと

楽しく野球をする子供

小学校では2018年度から教科となった道徳。大谷選手は光村図書の教科書で、小学5年生の4月に学ぶトップバッターとして登場しています。タイトルは「夢を実現するためには」です。

道徳の教科書にも取り上げられている有名 な話なのですが,大谷選手の通っていた高校では, 目標を達成するために具体的に何をするのかを考 えるために目標達成シートを活用していました。下 に掲げたのは,大谷選手が実際に書いたものです。

 

大谷翔平ノート 夢目標の達成

出典:道徳5年教科書(光村図書)より

ドラフト1位で8球団に指名されるという目標に向かい、大谷が花巻東高時代に作成していた“マンダラ”として知られる目標達成シートを紹介しつつ、達成のための道筋を描き、コツコツと努力する大切さが子ども向けに説かれた内容。

具体的なエピソードとしては中学3年間で球速を毎年5キロ、高校では毎年10キロ向上させ、最終的に高3で160キロの到達を目指していたことが記されています。

 

自分の理想とする姿になるには,何が必要なの か,何をすればよいのかを明確にするという点で, とても参考になるシートです。

 

5年生は高学年になる年で、学校の中でも責任のある学年になります。
大谷選手は。子供たちにとって、雲の上の人かもしれないけれど、大谷選手のようにコツコツ努力して今があるのです。

教科書では、子どもたちが実際に簡易的な目標達成シートを作れるようにもなっています。今後の目標を考える上で、新学期の4月にはピッタリで、担任の先生も一緒に考えています。

この目標達成シートは、考えを“見える化”することで目標を達成しやすく、例示されている大谷選手のシートも、書かれていることが地に足がついていて、一つ一つ凄く丁寧です。

 

大谷選手の「あいさつ」「ゴミ拾い」「部 屋そうじ」「審判さんへの態度」などは,直接的に 「目標達成」に関係ないように見えますが、周囲を自分の味方にしていくことになり,結果として,意図しないところで,人が自分を助けてくれる場面も多 くなるのだろうということを思います。

目標に向かって真摯に突き進む大谷選手の姿を教材としては、子供たちにとって最適なのです。

まとめ

今回は、大谷翔平はベーブルースの違いは?成績の比較や考え方を調査、という内容でお届けしてきましたがいかがでしたか?

大谷翔平選手は、野球というスポーツを愛し、楽しみ、アメリカ中のファンを熱狂させるという点で、ベーブルースの生まれ変わりと言えそうですね。

成績の比較や共通点も調査しましたが、それだけでは語れない異次元の活躍を、今後もしてくれることを期待し、応援していきたいと思います。

 

関連記事 ⇩  ⇩  ⇩

 

 

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました!

応援お願い致します。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
心理学ランキング
経営学ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました

Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedRegExpException: JSMin: Unterminated RegExp at byte 330: /^https?:\/\; in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:266 Stack trace: #0 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action(1) #1 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeSpeedupper.php(38): JSMin::minify('!function(){"us...') #3 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/class-wp-hook.php(307): autoptimizeSpeedupper->js_snippetcacher('!function(){"us...', '') #4 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/plugin.php(191): WP_Hook->apply_filters('!function(){"us...', Array) #5 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeScripts.php(548): apply_filters('autoptimi in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 266