柔道

スポンサーリンク
教育

柔道の技の歴史を振り返る嘉納治五郎の教えとは?

世界的にポピュラーなスポーツになった柔道ですが、ひと昔は柔術として流派がバラバラでした。「どうやって柔道ができたの?」柔道を創った人を知りたい!柔道でググったら嘉納治五郎という名が検索されたけど、この人物はどういう偉人なの?こういった疑問に答えます。柔道の父・嘉納治五郎の「力必達」とは?時は明治の中葉、鹿鳴館時代(ろくめいかん)・・・・世の中は「文明開花」に酔いしれていました。欧米先進国の文化は無条件で美され、受け入れられ、逆にこれまでの日本的な伝統文化は、な内容の善し悪しを問わず、徐々に興味を引かない状況になっていました。このような状況のなかで、ひとりの青年が不意に柔術を習い始めます。この小柄な青年は、力づくで挑んでくる乱暴者を制止できず、己の非力さを悟り、「術」をもって対処すべく柔術修行を思い立ったのです。今回の記事では、日本の柔道の父と言われた、「嘉納治五郎」について紹介します。
2022.07.31
教育

柔道の神様・三船十段の技【空気投げ】とは?神と呼ばれた男があみだした極意

柔道の神様と呼ばれた「三船久蔵」はどういう人物なの?三船久蔵の「空気投げの極意」ってどういう技なの?こういった疑問に答えます。柔道の神様・三船久蔵の「空気投げの極意」とは?2021年8月の東京オリンピックの柔道で、日本は個人で史上最多となる金メダル9個を獲得したほか、銀メダル1個と銅メダル1個、混合団体の銀メダルを合わせて12個のメダルを獲得する大躍進を見せました。そのことは大いに喜ばしいことですが、柔道を観戦しつづけてきた私には、昨今の柔道は以前のものと、まったく異なるものになってしまった、との感慨が大きです。今回の記事では、前回お話しした柔道の父”嘉納治五郎”に続き、「柔道の神様」と言われた、”三船久蔵”について紹介します。
2022.07.31
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました