北海道・江別市

スポンサーリンク
遅咲き人生の成功者

手島圭三郎の絵本は木彫りから創る達人、江別の故郷がその絵本の物語の生命の地

「独創的な絵本の作家で有名は人物は?」。「木版画家として有名は手島圭三郎さんがいるよ!でも実際にどういう人物なの知らない・・・・」 こんな疑問にお答えします。北海道の生命の息吹を刻む 絵本作家 手島圭三郎。北海道江別市在住の木版画家・絵本作家「手島圭三郎(てじま けいざぶろう Tejima Keizaburo)」さん(85)。躍動感のある動物をモチーフにした絵本が世界的に人気の作家さんです。その手島圭三郎さんは今年、40作品目を期に創作活動に幕を下ろすことを決めたとのことです。この記事では、2021年10月31日に放送されたNHK日曜美術館『北の息吹を刻む〜絵本作家・手島圭三郎 最終作へ〜』についてと、手島圭三郎さんの経歴、最終作となった絵本などの作品紹介をまとめています。
2022.07.29
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました