アメリカ

スポンサーリンク
ビジネス

キッコーマン醤油をアメリカに広げた営業マンは伝説のミスターKIKKO-MAN?

しょうゆと言えば、日本を代表する調味料の1つ、キッコーマン醤油。アメリカでも、キッコーマンのしょうゆを知らない人はほとんどいないようです。以前の記事で、豆腐をアメリカに広げた「ミスタートーフ」の話があったけど、今回もアメリカに「しょうゆ」を広めた人はいるの?こんな疑問にお答えします。キッコーマンがアメリカに根付かせた「和の味」。「しょうゆ」は、日本独自の調味料というイメージを持つ人が少なくありませんが、今や世界中に使用されている調味料の1つとなっています。 実際に日本の大手醤油メーカーであるキッコーマンは、売り上げの約57パーセントが海外展開によって売り上げ高の半数以上が海外から得られているという状況が続いています。
2022.08.29
どん底からの逆転人生

森永乳業が豆腐をアメリカに広めた人物は雲田康夫【ミスタートーフ】と呼ばれた男

本記事のテーマは、「豆腐をアメリカに広めた男」大人気健康食品に育てた営業マン・雲田康夫さんについて、雲田康夫さんのプロフィールミスター・トーフと呼ばれ、豆腐の逆襲!桃栗3年、柿8年。豆腐は10年。新なる挑戦は「シラタキ」これらの点についてまとめましたので紹介します。レディー・ガガにポール・マッカートニーも大好きな日本の豆腐。実はかつてアメリカ人が嫌いな食べ物ナンバーワンだった。 アメリカ人が大嫌いだった豆腐をどう広めていったのか?
2022.08.14
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました