佐藤繊維

スポンサーリンク
ビジネス

山形の繊維会社の佐藤社長は世界を目指し糸の作家になった

世界の一流ブランドが注目する200種類以上の「糸」。太さが変わる!?形や色合いが独創的。繊維会社の社長が“非常識”のものづくりに挑戦! 独創的な糸を次々と生み出す山形の繊維会社。イタリアの展示会にブースを出すとブランド関係者の予約でいっぱいになるという。開発の先頭に立つのは4代目の佐藤社長。90年代アジア産の糸との価格競争で会社が苦境に陥る中、他にはない斬新な糸の開発に乗り出す。太さが途中で変わる糸。常識破りの極細糸…。目指したのは、大量生産・大量消費とは逆のとがったものづくり。持続可能性も意識して新たな糸の開発を進めています。東京の大手有名なデパートに、自社ブランド「M.&KYOKO」(エムアンドキョウコ)を展開している山形の佐藤繊維株式会社。原材料調達、紡績から製造、事業までを地元の山形で手掛けています。だが、元々は、国内メーカーの下請け企業だった。では一体どうやって、世界有数の繊維会社となったのでしょうか?佐藤社長率いる山形の繊維会社・佐藤繊維の糸とは?今回の記事は、形や色合いが独創的な糸を創造する山形の佐藤繊維株式会社を紹介します。
2022.08.17
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました