京都

スポンサーリンク
ビジネス

格言の守破離とはどんな意味?ひとりで飲むなら京都の銘酒【守破離】

「酒は飲んでの飲まれるな」「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」など酒に関する格言は時代を越えて語り継がれるものです。 日本でも有名な酒豪、Gacktさん、俳優の藤原竜也さん、マツコ・デラックスさんなど。また、演歌歌手 五木ひろしさんの歌にある「酒 ひとり」" 面影に飲む酒なのか 未練を捨てる酒なのか わざと冷たく 背を向けたのに 男心がむせぶ よわ、ああ 惚れてせつない 他人(ひと)の花迷い舟 なぜ身をけずる 流れる闇の なさけ川 紅が哀しい おくれ毛泣いて つれて行ってと すがる女 ああ 苦労させたく ないおんな 淋しかろ さぞ憎かろう 逢いたさつのる 意気地なし 浴びる火の酒 ひとりが寒い 遊びたっら 抱いていた ああ 夢がよろける 影法師" 仕事のあとに飲むお酒が好き!という方は多いと思います。自分へのご褒美もかねてグビグビと飲めば、何とも言えない多幸感に包まれ、気持ちが落ち着くものです。古来から「酒は百薬の長」と呼ばれるように、先人たちもお酒の有効性を肌身に感じていたのでしょう。今回は、今宵ひとりでしんみりと味わって飲む酒として 守破離に込められた想い、物語をお伝えし、「澤屋まつもとの酒 守破離」をご紹介します!
2022.04.26
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました