鈴木麻莉夏さん気仙沼のご当地アイドルが地元で働く理由は被災地の復興のため

ご当地アイドルの夢エンタメ
ゆず子
ゆず子

あなたは地元で働くか 悩んでませんか? 都会ではなく、今は田舎に住んでいるけど・・・・どうしよう?

 

こんな疑問に答えます。

 

その答えは地元が一番!

 

鈴木麻莉夏さん気仙沼のご当地アイドルが地元で働く理由は被災地の復興のため

 

地元でリアルな生き方を見せてくれる鈴木麻莉夏さん。自らの生き方を選択しようと模索する鈴木麻莉夏にせまってみます。

今回の記事は、地元で働き続けることを決めた鈴木麻莉夏さん、宮城県気仙沼に住む彼女、その彼女ご当地アイドルの夢が叶うお話です。

 

スポンサーリンク

ご当地アイドルの鈴木麻莉夏さんの経歴

中学1年生で地元のアイドルグループに入った鈴木麻莉夏さん(24)。
ローカルアイドルの活動に全力投球するため、大学には進学せず、地元で就職する道を選びました。
しかし、他のメンバーは大学進学などで次々と辞めてしまいました。
さぁ、鈴木麻莉夏さんはどうするのでしょう・・・?

スポンサーリンク

ご当地アイドルの鈴木麻莉夏さんたちのZ世代とは?

Z世代の語源・由来はアメリカから伝わってきました。世代分類を指す言葉です。

広がったのはアメリカの「ジェネレーションZ」から来ていて、そこからZ世代という言葉で日本国内で広がりました。読み方はそのまま「ゼット世代」です。
年齢は明確に定義されていませんが、「1990年半ばから2010年代生まれの世代」を指すことが一般的です。(実年齢としては、大体2021年現在で考えると25歳以下の若い世代を指すことが多い)

鈴木麻莉夏さんのZ世代の特徴

(1)マスメディア離れが顕著。インターネット環境での情報収集が当たり前のZ世代。

(2)社会問題への関心が高い傾向がある。

(3)ブランドに対するこだわりがあまりない。

Z世代とミレニアル世代との違い

<ミレニアル世代とは?>
1980年から1995年の間に生まれた世代と定義されることが多く、大体25歳から40歳ぐらいの世代を指しています。

この世代は「IT化・デジタル化が進んだ時代」で育っていて、インターネット環境の変化やサービスの変化に触れながら育っており、ITリテラシーの高い世代とも言われています。

 

育った環境の違いが一番の違いかもしれません。Z世代は不況の時期に育っており、経済的なプレッシャーを受けている環境下で育つ人が多い存在しています。

ミレニアル世代は好景気の時代もあったため、そういった育った環境の違いがショッピングへの投資の仕方に違いが出たり、商品へ求める要素の違いに影響が出るようです。

また、Z世代は「貯金・貯蓄や支出を控える傾向」があり、買い物への意欲は「どれだけお買い得なのか」という点を重視する傾向があると言われています。

それに対してミレニアル世代は購入自体に興味を持つ傾向があり、育った時代の景気が影響していると考えられています。

Z世代の次は何?

Z世代の次は「アルファ世代」と呼ばれています。

「ミレニアル世代の子どもたち」として知られており、一般的に2010年代以降に生まれた世代を指しています。

Z世代はラテン文字の最後に当たるZであり、次がありません。

そのため、ギリシャ文字の最初に当たるα(アルファ)を採用し、新たな時代の始まりをイメージした世代名として考案されました。

 

鈴木麻莉夏さんご当地アイドルグループに加入

 

「♪ホーヤ ホーヤ ホヤぼーや」「♪みんな大好き気仙沼」・・・宮城県気仙沼市が公開する動画

「ホヤぼーやと一緒に踊ろう!」。

市観光課の鈴木麻莉夏さんが、観光キャラクター「ホヤぼーや」と歌に合わせて軽快なダンスを披露する。

東日本大震災が起きた年から気仙沼、ご当地アイドル「SCKガールズ」に所属し、昨春任期付き職員になったそうです。

あの大リーガー大谷選手と同じ、公務員と「二刀流」で街を盛り上げる。

「アイドル活動で各地を巡り、多くの人に励まされた。」『おかげさまで元気になれたよ』

と、復興した気仙沼の姿をみんなに見せたい」と声を弾ませます。

 

地元出身で、震災時は中学1年。

「自分は恵まれてるな」。どこか後ろめたさを抱えていた2011年11月、不意に先輩から「ボランティアやらない?」と誘われた。

 

集合場所のドアを開けると、目に飛び込んできたのは10人ほどの女の子。

誕生したてのSCKメンバーが、アイドルグループAKB48の「ヘビーローテーション」を踊っていた。

SCKは「産地」「直送」「気仙沼」の頭文字だ。

震災で楽しみが奪われた女の子に輝ける場をと、音楽活動をする市民有志が企画します。

呼び掛けに応えてメンバーが集まり、交代を重ねながらこれまでに計32人が参加しました。

今は13~24歳の7人が在籍しています。加入するまでアイドルに関心がなかった鈴木さん。

「歌も踊りも、トークも苦手」。ステージの立ち位置はいつも年下のメンバーより後ろ。

 

マイクもなかなか握れなかった。悔しさが募り、レッスンに励んだ。移動中も上達のこつを聞き、人気グループの曲を研究。SCK代表の佐藤健さん(43)が「諦めの悪さはメンバーで1番」と振り返るほどの努力を重ねました。

高校卒業後、一時民間企業に勤めてからも活動を続け、いつしかチームのまとめ役となった。

被災地のイベントでは、街の再生に向け熱っぽく話す大人たちが印象的だった。

悲壮感はみじんもない。「素直に夢を語っていいんだ」。任期付き職員に手を挙げたのは、自分もまちづくりに関わりたいという思いが芽生えたからだった。

 

まとめ

新型コロナウイルス禍でSCKの活動はできない状態。

職員として観光プロモーションに頭を悩ませているが、イベント運営や動画編集には、

アイドル活動で培ったノウハウを生かしている。

「♪響け!ありがとうの言葉 大声で叫ぶよ」。

何度もステージで歌ってきたフレーズだ。

「伝え切れていない感謝を伝えたい」。思いを胸に公務に打ち込む。

地元を活躍の場に選択したZ世代の決断と夢の実現でした。

 

かには北海道だけじゃない!
宮城県気仙沼市の(株)カネダイでは40年以上前から自社操業でのカニ漁を始め、海外輸入、加工、販売と水揚げベースでは年間1500t以上の取り扱いがあります。

カニの中でも最も美味しいとされる【カニ爪】ずっしり大容量!

カニの中でも、爪は一番動きがあり筋繊維が発達している部位。そのため肉質が締まっていて、噛むと旨味と甘味がじゅわっと口中に広がります。

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました!

関連記事

 

応援お願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました

Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedRegExpException: JSMin: Unterminated RegExp at byte 330: /^https?:\/\; in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:266 Stack trace: #0 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action(1) #1 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeSpeedupper.php(38): JSMin::minify('!function(){"us...') #3 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/class-wp-hook.php(307): autoptimizeSpeedupper->js_snippetcacher('!function(){"us...', '') #4 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-includes/plugin.php(191): WP_Hook->apply_filters('!function(){"us...', Array) #5 /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeScripts.php(548): apply_filters('autoptimi in /home/c9337116/public_html/yuzutomo.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 266