スティーブン・スピルバーグ

スポンサーリンク
ビジネス

スティーブンスピルバーグ症候群、世界の映画監督は発達障害だった

数年前に自身が学習障害(ディスレクシア(読字障害)だと告白されていました。診断を受けたのは幼少期ではなく60歳頃のようです。「もっと早く診断されていれば良かった」と語っています。その人は映画好きでなくても知しっている映画監督作った映画は大ヒットしているものばかりです。あの「E.T.」「インディ・ジョーンズ」もそうですよね。「ジェラシック・パーク」「バック・トゥザ・フューチャー」のスティーブン・スピルバーグ。そこで今回の記事は、後に挫折経験を何度もしながらも最終的には成功者として多くの人たちに知られたスティーブン・スピルバーグ失敗談をまとめて見ました。この記事を読むと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができます。
2022.08.04
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました